たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2019年04月12日

パンチェッタ 「plant」 稽古場レポート!



次世代芸術家・企画運営部の桒原秀一です。
昨年の第9回せんがわ劇場演劇コンクールで「グランプリ」「オーディエンス賞」のW受賞をした、パンチェッタの「オーディエンス賞」受賞公演が、4月19日(金)から行われます。

Pancetta 9th performance“Plant”公演詳細はここをクリック!

稽古中の彼らの稽古場に訪れました。
この記事では、稽古場の様子とともに、公演の見どころをお伝えしていきたいと思います!

pancetta_Plant01
左から セキュリティ木村さん、一宮周平さん


受賞した前回のコンクール時の作品『Parsley』では、専門審査員からの具体的な賛辞も含めて「エンターテインメント性」「演出力」への講評が多かったように思います。

第9回せんがわ劇場演劇コンクール 専門審査員講評(5) 「パンチェッタ」はここをクリック!

やはり、一宮周平さんによる演出が作品の基盤となっているようです。

一度コンクールで上演した作品を、分解・再構築を繰り返しながら稽古は進んでいる様子です。

pancetta_Plant02
主宰・作・演出の一宮周平さん

和気あいあいとしている稽古場は、演出の一宮周平さんを中心に新しい可能性を模索しながらも、常に笑いが絶えません。演出家の人柄がなせる事だと感じます。
常に「面白さ」を追求する姿勢や新しい発想にワクワクしながら、一観客として楽しませていただきました。一見くだらないと思える事にも裏側のメッセージが散りばめられているような気がして、観客の興味が尽きる事はありません。

pancetta_Plant03
左から一宮さん、瞳さん

また、ある程度観客が物語に興味を持ち始めたなと思うと、気持ちがいいぐらい潔く裏切ってきます。
観客を魅了する歌のレパートリーも健在でした。

若手演出家コンクール(※)でも最優秀賞と観客賞を勝ち取り、現在乗りに乗っているパンチェッタが贈ります『Plant』。
ぜひ、劇場まで足をお運びください。お待ちしております。


※若手演出家コンクール……日本演出家協会が主催し、年1回開催する 「自分を若手 (新人)と思う演出者」 を対象としたコンクール。



  • 同じカテゴリー(演劇コンクール)の記事画像
    第10回せんがわ劇場演劇コンクール講評 ~公社流体力学『美少女がやってくるぞ、ふるえて眠れ』~
    第10回せんがわ劇場演劇コンクール講評 ~ルサンチカ『PIPE DREAM』~
    第10回せんがわ劇場演劇コンクール講評 ~劇団速度『Nothing to be done.』~
    第10回せんがわ劇場演劇コンクール講評 ~イチニノ『なかなおり/やりなおし』~
    第10回せんがわ劇場演劇コンクール講評 ~世界劇団『紅の魚群、海雲の風よ吹け』~
    第10回せんがわ劇場演劇コンクール講評 ~キュイ『蹂躙を蹂躙』~
    同じカテゴリー(演劇コンクール)の記事
     受賞者インタビュー(3)  公社流体力学 太田日曜さん(グランプリ・俳優賞) (2019-09-28 09:17)
     受賞者インタビュー(2)  公社流体力学 太田日曜さん(グランプリ・俳優賞) (2019-09-27 11:36)
     受賞者インタビュー(2)  世界劇団 本坊由華子さん(オーディエンス賞) (2019-09-25 10:29)
     受賞者インタビュー(1)  世界劇団 本坊由華子さん(オーディエンス賞) (2019-09-24 14:55)
     受賞者インタビュー(4)  キュイ 綾門優季さん(劇作家賞) (2019-09-21 10:13)
     受賞者インタビュー(3)  キュイ 綾門優季さん(劇作家賞) (2019-09-20 08:45)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    パンチェッタ 「plant」 稽古場レポート!
      コメント(0)