たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2019年01月13日

サンデー・マティネ・コンサートvol.208

<瀧廉太郎へのオマージュ>

【出演】
松井康司(お話・バリトン)
紀野洋孝(テノール)
藤原伊央里(ピアノ)
桐朋学園芸術短大声楽アンサンブル


新年最初のサンマチは、日本が誇る作曲家、瀧廉太郎を取り上げました。
寒い中、たくさんのお客さまにお越しいただき、ありがとうございました!
 
明治の時代、西洋の音楽を真摯に学び、それを自身の作曲で活かす試みをしつつ、
子どもたちが楽しく歌える歌を作り、あっという間にこの世を去ってしまった瀧廉太郎。

松井先生からはたくさんのエピソードが語られ、止まらないほどでした。
 
たとえば「花」が、実は四季折々の組曲になっていたこと、皆さんご存知でしたか?
組曲「四季」の春が「花」で、その後「納涼」「月」「雪」と続くのです。
「月」や「雪」は、教会の聖歌のような雰囲気で、
瀧廉太郎という人は、こんな曲も作っていたのか!と、その幅広さにびっくりしました。
組曲としてはめったに演奏される機会がなく、
今日初めてお聴きになった方も多かったのではないでしょうか。
 
それにしても、あれほど輝かしい才能を持ち、将来を嘱望されていた瀧廉太郎が、
23歳という若さで病に倒れ、死の間際に創った遺作「憾(うらみ)」は、
彼の無念や怒り、音楽への情熱、あらゆる想いがあふれるような曲です。
タイトルを見るだけでも心が痛みます……。


ピアノ曲、ソロ、合唱など、贅沢にいろんな編成でお楽しみいただきました。
終演後のインタビューは、松井康司先生(お話・バリトン)、紀野洋孝さん(テノール)、藤原伊央里さん(ピアノ)にお願いしました。
ぜひご覧ください!


公演詳細ページはこちらからどうぞ→ここをクリック

  


  • 2019年01月11日

    おらほ亭せんがわ落語会第二部は満席になりました!

    明日1月12日(土)17時開演のおらほ亭せんがわ落語会第二部 
    家族で楽しめるプロの寄席は、好評につき満席になりました。

    当日券は、若干枚、開演45分前の16時15分に販売を開始いたします。
    皆さまのご来場をお待ちしております。

      


  • Posted by せんがわ劇場 at 12:00Comments(0)落語

    2019年01月04日

    新年あけましておめでとうございます

    新年明けましておめでとうございます。

    旧年中は多くの皆さまにお世話になり、誠にありがとうございました。
    新年は、4日より営業いたします。

    2019年春、せんがわ劇場がプロデュースするプログラムとしましては、
    1/12(土)「おらほ亭せんがわ落語会」1/13(日)サンデー・マティネ・コンサートVol.208、にはじまり、
    2月には「せんがわ演劇祭」、「せんがわピアノオーディション受賞コンサート」と続きます。
    ワークショップやアウトリーチなども開催いたします。

    また、せんがわ劇場を会場とする公演、コンサート、イベントも多数上演されます。
    たくさんの皆さまにご来場いただき、観ること、聴くこと、演ること、参加することを
    楽しんでいただける「文化発信基地」として努力を続けつつ、
    12シーズン目を迎える4月からは、新しい船出を迎えます。
    本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。





      


  • Posted by せんがわ劇場 at 10:00Comments(0)その他いろいろ

    2018年12月27日

    せんがわ劇場ニュース(12月20日号)

    12/20号の「せんがわ劇場ニュース」がアップされています!
    今月は、1月に開催する「おらほ亭せんがわ落語会」のご案内です。

    J:COMチャンネルで放送している「テレビ広報ちょうふ」は、WEB上でもご覧いただけます。
    毎月20日~26日に放送されている「せんがわ劇場ニュース」も、放送開始後にアップされます。
    ぜひご覧ください!



      


  • Posted by せんがわ劇場 at 10:00Comments(0)その他いろいろ落語

    2018年12月27日

    【サンデー・マティネ・コンサートvol.207】

    <ヴィブラフォン&ギターデュオ クリスマスコンサート>

    【出演】
    Megterlink(服部 恵(ヴィブラフォン)
    伊藤 芳輝(ギター)


    今年のクリスマスコンサートは、ヴィブラフォンとギターのデュオ、Megterlink(メーテルリンク)のお二人でした。
    超絶技巧!連発のすばらしい演奏とうらはら?に、伊藤さんのつぶやくようなおやじギャグ(すみません)連発のゆるめのトーク。
    緊張と緩和というのでしょうか。
    客席もすっかりお二人のペースに乗って、楽しいコンサートになりました。

    小中学校で鉄琴に触れた方は多いと思いますが、本格的なヴィブラフォンの演奏を聴く機会は意外と少ないですね。
    楽器紹介のトークでは、ペダルやファン……ファンが楽器についているのは知りませんでした!……を使用するとしないとで、どんな風に音が違うのかを聞かせててくださいました。
    ペダルを踏むとエコーがかかったように音が広がり、ファンを回すと、ヴィブラートがかかるのですよ。

    ちなみに、コンビ名のメーテルリンクは、幸せを運ぶ「青い鳥」の作者Maeterlinckからとっているのですが、
    ちょっとスペルが違っていて、Megterlinkです。
    これはお二人の名前、恵「メグみ」と芳輝「よしテル」が「リンクする」→メグテルリンク→メーテルリンク
    という洒落にもなっているそうで……やっぱりオチがつく!

    プログラムの方は、クリスマスソングメドレーのほか、ジャズアレンジの熊蜂の飛行「Bumble Bee Boogie」やピアソラのタンゴなど、
    少し大人な雰囲気のクリスマスコンサートでした♪♪♪

    終演後のインタビューです。

    公演詳細ページはこちらからどうぞ→ここをクリック

    今回で、2018年のサンマチは終了。
    来年は、vol.208「瀧廉太郎へのオマージュ」から始まります。
    どうぞお楽しみに!

      


  • 2018年12月20日

    【親と子のクリスマス・メルヘン「アリス」】

    昨日、18日から開幕した「アリス」。
    おかげさまでたくさんのお客さまにお越しいただき、お楽しみいただいています。

    毎年、クリスマス公演の期間中は、ロビーもいろんな飾りつけがしてあるんですよ。
    少しご紹介します♪

    まずは玄関でお出迎えのクリスマスツリー。


    テレビモニターの横には、サンタとトナカイになったキューピーさんもいます。


    床の、猫ちゃんの足跡(チェシャ猫……?)をたどってロビーの奥に進むと・・・


    サンタさんのソリが!
    乗って写真を撮れるスポットになっています。ぜひ記念写真を撮ってくださいね。


    また、仙川の素敵なお店、ニワコヤさんと納々屋さんのお菓子とジュースが買えたり、
    アリス特製ポストカードが買えるお店もあります。




    さらに奥に進むと「不思議な生きもの工房」。
    色紙やシールを自由に使って、自分だけの不思議な生きものをつくってみませんか?
    できあがったら、壁に貼りつけて、アリスやウサギたちと一緒に「不思議の国」をにぎやかにしましょう。




    ロビーは、開演の45分前から開いています。
    少し早めにせんがわ劇場に来て、いろいろと楽しんでみてくださいね。
    お待ちしています!
      


  • Posted by せんがわ劇場 at 10:00Comments(0)演劇親と子のクリスマス・メルヘン

    2018年12月07日

    「JAZZ ART せんがわ」座談会レポート

    先日「JAZZ ART せんがわ」を振り返る座談会を実施。
    そのレポートをJazzTokyoさんに掲載して頂きました!
    LANDFESでもお世話になっている安藤誠さんにまとめて頂きました。

    ここをクリック  


  • Posted by せんがわ劇場 at 10:00Comments(0)その他いろいろJAZZ ART せんがわ

    2018年12月05日

    【お詫びと訂正】市報ちょうふ「第7回せんがわピアノオーディション受賞コンサート」座席表記の誤記について

    市報ちょうふ11月20日号に掲載の「第7回せんがわピアノオーディション受賞コンサート」座席表記
    に誤りがありました。

    【誤】全席自由
    【正】全席指定
    訂正し、お詫び申し上げます。

    「第7回せんがわピアノオーディション受賞コンサート」詳細ページへ→ここをクリック  


  • Posted by せんがわ劇場 at 10:00Comments(0)音楽ピアノオーディション

    2018年12月03日

    サンデー・マティネ・コンサートvol.206

    <フルート& ハープコンサート>

    【出演】
    緒方 里珠(フルート)
    小幡 華子(ハープ)



    フルートとハープの組合せは、2015年のvo.138以来。ずいぶんと久しぶりになりました。すっかり冬になったような寒さでしたが、劇場内は優しい音色に包まれました。

    楽器紹介のコーナー、まずは緒方さんのフルートのお話から。
    材質が金か銀かによる音色の違いについて「目を閉じて聴くとわからない程度の違いかもしれませんが」とおっしゃりながら、吹き口に近い部分を金、下半分?を銀でつなげた、こだわりのフルート!
    「銀の音色に、金ならではのキラキラした感じを加えたくて」自ら注文してオリジナルで作成してもらい、高校生の頃からずっと使っていらっしゃるのだそうです!

    ハープは、ふだん身近に見ることの少ない楽器とあって、お客さまも興味津々。一見、優雅に絃をつま弾いているように見えますが、足元では7つものペダルを3段階で踏みながら音階を変え、手元では44本の弦を間違うことなく演奏するという、なかなかにハードモードな楽器です。1曲でペダルを100回踏みかえることもあるんだそうですよ!

    プログラム最後の「荒城の月」は、フルート奏者ジャン=ピエール・ランパルが、日本の曲をフルートとハープのために編曲したシリーズの1曲。しっとりとコンサートのフィナーレを飾りました。

    ところで、久々の仙川トークでは、緒方さんが「ローカルインディア」、小幡さんが「李記担担麺食堂」「なみはな」をあげてくださいました。いずれも美味しいですよ。皆さんも仙川にいらした際はどうぞ♪

    終演後のインタビューをご覧ください!

    公演詳細ページはこちらからどうぞ→ここをクリック




      


  • 2018年12月02日

    第10回せんがわ劇場演劇コンクール 開催予告

    せんがわ劇場では、2019年7月、
    「第10回せんがわ劇場演劇コンクール」の実施を予定しております。
    詳しい情報はおってお知らせします。

    調布市仙川から発信する演劇コンクールは、
    ファイナリストがせんがわ劇場での上演作品の演出や、アウトリーチ事業へ参加するなど、
    せんがわ劇場における次世代芸術家の育成支援の出発点と位置づけています。

    〈参考〉第9回せんがわ劇場演劇コンクールはこちら→ここをクリック  


  • Posted by せんがわ劇場 at 10:00Comments(0)演劇演劇コンクール