たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2019年01月13日

サンデー・マティネ・コンサートvol.208

<瀧廉太郎へのオマージュ>

【出演】
松井康司(お話・バリトン)
紀野洋孝(テノール)
藤原伊央里(ピアノ)
桐朋学園芸術短大声楽アンサンブル


新年最初のサンマチは、日本が誇る作曲家、瀧廉太郎を取り上げました。
寒い中、たくさんのお客さまにお越しいただき、ありがとうございました!
 
明治の時代、西洋の音楽を真摯に学び、それを自身の作曲で活かす試みをしつつ、
子どもたちが楽しく歌える歌を作り、あっという間にこの世を去ってしまった瀧廉太郎。

松井先生からはたくさんのエピソードが語られ、止まらないほどでした。
 
たとえば「花」が、実は四季折々の組曲になっていたこと、皆さんご存知でしたか?
組曲「四季」の春が「花」で、その後「納涼」「月」「雪」と続くのです。
「月」や「雪」は、教会の聖歌のような雰囲気で、
瀧廉太郎という人は、こんな曲も作っていたのか!と、その幅広さにびっくりしました。
組曲としてはめったに演奏される機会がなく、
今日初めてお聴きになった方も多かったのではないでしょうか。
 
それにしても、あれほど輝かしい才能を持ち、将来を嘱望されていた瀧廉太郎が、
23歳という若さで病に倒れ、死の間際に創った遺作「憾(うらみ)」は、
彼の無念や怒り、音楽への情熱、あらゆる想いがあふれるような曲です。
タイトルを見るだけでも心が痛みます……。


ピアノ曲、ソロ、合唱など、贅沢にいろんな編成でお楽しみいただきました。
終演後のインタビューは、松井康司先生(お話・バリトン)、紀野洋孝さん(テノール)、藤原伊央里さん(ピアノ)にお願いしました。
ぜひご覧ください!


公演詳細ページはこちらからどうぞ→ここをクリック

  


  • Posted by せんがわ劇場 at 15:00Comments(0)音楽

    2018年12月27日

    【サンデー・マティネ・コンサートvol.207】

    <ヴィブラフォン&ギターデュオ クリスマスコンサート>

    【出演】
    Megterlink(服部 恵(ヴィブラフォン)
    伊藤 芳輝(ギター)


    今年のクリスマスコンサートは、ヴィブラフォンとギターのデュオ、Megterlink(メーテルリンク)のお二人でした。
    超絶技巧!連発のすばらしい演奏とうらはら?に、伊藤さんのつぶやくようなおやじギャグ(すみません)連発のゆるめのトーク。
    緊張と緩和というのでしょうか。
    客席もすっかりお二人のペースに乗って、楽しいコンサートになりました。

    小中学校で鉄琴に触れた方は多いと思いますが、本格的なヴィブラフォンの演奏を聴く機会は意外と少ないですね。
    楽器紹介のトークでは、ペダルやファン……ファンが楽器についているのは知りませんでした!……を使用するとしないとで、どんな風に音が違うのかを聞かせててくださいました。
    ペダルを踏むとエコーがかかったように音が広がり、ファンを回すと、ヴィブラートがかかるのですよ。

    ちなみに、コンビ名のメーテルリンクは、幸せを運ぶ「青い鳥」の作者Maeterlinckからとっているのですが、
    ちょっとスペルが違っていて、Megterlinkです。
    これはお二人の名前、恵「メグみ」と芳輝「よしテル」が「リンクする」→メグテルリンク→メーテルリンク
    という洒落にもなっているそうで……やっぱりオチがつく!

    プログラムの方は、クリスマスソングメドレーのほか、ジャズアレンジの熊蜂の飛行「Bumble Bee Boogie」やピアソラのタンゴなど、
    少し大人な雰囲気のクリスマスコンサートでした♪♪♪

    終演後のインタビューです。

    公演詳細ページはこちらからどうぞ→ここをクリック

    今回で、2018年のサンマチは終了。
    来年は、vol.208「瀧廉太郎へのオマージュ」から始まります。
    どうぞお楽しみに!

      


  • Posted by せんがわ劇場 at 10:00Comments(0)音楽

    2018年12月05日

    【お詫びと訂正】市報ちょうふ「第7回せんがわピアノオーディション受賞コンサート」座席表記の誤記について

    市報ちょうふ11月20日号に掲載の「第7回せんがわピアノオーディション受賞コンサート」座席表記
    に誤りがありました。

    【誤】全席自由
    【正】全席指定
    訂正し、お詫び申し上げます。

    「第7回せんがわピアノオーディション受賞コンサート」詳細ページへ→ここをクリック  


  • Posted by せんがわ劇場 at 10:00Comments(0)音楽ピアノオーディション

    2018年12月03日

    サンデー・マティネ・コンサートvol.206

    <フルート& ハープコンサート>

    【出演】
    緒方 里珠(フルート)
    小幡 華子(ハープ)



    フルートとハープの組合せは、2015年のvo.138以来。ずいぶんと久しぶりになりました。すっかり冬になったような寒さでしたが、劇場内は優しい音色に包まれました。

    楽器紹介のコーナー、まずは緒方さんのフルートのお話から。
    材質が金か銀かによる音色の違いについて「目を閉じて聴くとわからない程度の違いかもしれませんが」とおっしゃりながら、吹き口に近い部分を金、下半分?を銀でつなげた、こだわりのフルート!
    「銀の音色に、金ならではのキラキラした感じを加えたくて」自ら注文してオリジナルで作成してもらい、高校生の頃からずっと使っていらっしゃるのだそうです!

    ハープは、ふだん身近に見ることの少ない楽器とあって、お客さまも興味津々。一見、優雅に絃をつま弾いているように見えますが、足元では7つものペダルを3段階で踏みながら音階を変え、手元では44本の弦を間違うことなく演奏するという、なかなかにハードモードな楽器です。1曲でペダルを100回踏みかえることもあるんだそうですよ!

    プログラム最後の「荒城の月」は、フルート奏者ジャン=ピエール・ランパルが、日本の曲をフルートとハープのために編曲したシリーズの1曲。しっとりとコンサートのフィナーレを飾りました。

    ところで、久々の仙川トークでは、緒方さんが「ローカルインディア」、小幡さんが「李記担担麺食堂」「なみはな」をあげてくださいました。いずれも美味しいですよ。皆さんも仙川にいらした際はどうぞ♪

    終演後のインタビューをご覧ください!

    公演詳細ページはこちらからどうぞ→ここをクリック




      


  • Posted by せんがわ劇場 at 10:00Comments(0)音楽

    2018年11月01日

    【サンデー・マティネ・コンサートvol.204】

    <モーツァルト「グラン・パルティータ」を聴く>

    出演
    《クラリネット》
    亀井 良信、加藤 優穂
    《バセットホルン》
    石尾 きらら、菊池 優里
    《オーボエ》
    大隈 淳幾、山根 優季
    《ファゴット》
    渡邊 愛梨、河府 有紀
    《ホルン》
    田中 沙弥、藤野 千鶴、佐藤 千明、秋田 望珠
    《コントラバス》
    牛島みずき


    200回を超えるサンマチの歴史の中でも、初めての試みでした。「グラン・パルティータ」全楽章を聴く!
    総勢13名の演奏家による大曲。せんがわ劇場が、心地よい緊張感とモーツァルトの世界に包まれました。

    今回は、桐朋学園大学の在学生・卒業生に亀井良信先生が加わった編成。亀井先生は「最近この世代と演奏する機会が少なかったから新鮮」と笑っていらっしゃいました。
    終演後の笑顔です!

    終演後のインタビューです。 今回は大勢なので、全員にお話を聞くのは残念ながら断念・・・。
    代表して、河府有紀さん(ファゴット)、田中沙弥さん(ホルン)、菊池優里さん(バセットホルン)、
    亀井良信さん(クラリネット)がお話し下さいました。
    どうぞご覧ください!

    公演詳細ページはこちらからどうぞ→ここをクリック
    .  


  • Posted by せんがわ劇場 at 15:00Comments(0)音楽

    2018年09月24日

    【サンデー・マティネ・コンサート】vol.203<アンデスの調べ>

    <世界の楽器シリーズ  ~アンデスの調べ~ >
     
    【出演】
    ウィニャイ Wiňay(アンデス民族音楽)

    JAVIER CUELLAR(チャランゴ)
    JUAN OJEDA(ギター)
    LUIS OKAZAKI(チャスチャス)
    NICOLAS CUELLAR(ケーナ、サンポーニャ)

    哀愁溢れるメロディもあれば、会場中が手拍子で一体となる曲もあって、大好評でした!
    写真はウィニャイの皆さん、左からハビエルさん、ルイスさん、ニコラスさん、ホワンさんです♪


    終演後のインタビューです。
    コンサートの余韻が残る中、お話を伺いました!
    ウィニャイの皆さん明るく陽気で、撮影しているこちらも笑顔に。
    でもカメラがガクガク揺れているのは笑っているのではなく単なる手ブレ。
    申し訳ありません…

    公演詳細ページはこちらからどうぞ→ここをクリック

      


  • Posted by せんがわ劇場 at 10:00Comments(0)音楽

    2018年09月17日

    【終了しました!】JAZZ ARTせんがわ2018

    【終了しました!】
    JAZZ ARTせんがわ2018、昨日終了いたしました。

    13日のプレイベントから16日最終日まで、たくさんのお客さまがご来場くださいました。
    ライブごとにがらりと雰囲気を変えながら、ぶつかり合い、調和し、共鳴する、JAZZ ARTせんがわならではの演奏が、今年もたくさん繰り広げられました。

    CLUB JAZZ屏風は、今年も昨年に引き続き、土曜日が無念の雨天で、劇場内での開催となりましたが、昨年の経験からか?スムーズに劇場3階に設営、不思議空間が登場しました。
    日曜は無事公園に出動!大勢の子どもたちに囲まれ、屏風も破壊と再生を繰り返しながら、皆さまに楽しんでいただけたのではないかと思います。

    ご来場いただいたお客さま、 すばらしい演奏・パフォーマンスをしてくださったアーティストの皆さま、それぞれの場所で力を尽くしてくださったスタッフ・ボランティア・関係者の皆さますべての皆さまに、深く感謝いたします。
    誠にありがとうございました。
      


  • Posted by せんがわ劇場 at 19:00Comments(0)音楽JAZZ ART せんがわ

    2018年09月12日

    【JAZZ ART せんがわ2018 当日券販売・入場方法のお知らせ 】

    ほぼすべての券種・Liveで当日券をご用意できます。
    たくさんの皆さまのご来場をお待ちしております!
    ※「子どものための音あそび」のみ、当日券はございません。どうぞご了承ください。

    【当日券販売開始時間】
    ※いずれも予定枚数に達し次第終了
    <13日>
    18:30(プレイベントスペシャルライブ)
    <14日>
    18:00(3Days、1Live)
    <15日・16日>
    10:00(1Day、1Live全ステージ)

    【料金】
    ■1Liveチケット(1公演) 
    一般3,000円、市民2,700円、学生1,500円
    ■1Dayパス(1日通し券)
    6,800円(15日(土)、16日(日)の各日1日限り有効)
    ■3Daysパス(3日通し券)
    15,000円(14~16日の3日間有効)
    ■3枚セットチケット(組合せ自由)
    7,500円(1Liveチケット対象)

    ※ハンディキャップ割引:300円引き(障害者手帳をお持ちの方、介助者も1名様まで割引。
     1Liveチケットの「一般」「市民」のみに適用)

    【入場方法・入場整理券配布時間】
    ・各ライブの開演1時間半前から入場整理券を配布いたします。
    ・開場の際、入場整理券の番号順にご入場いただきます。
    ・開場時間にいらっしゃらない場合は、整理券は無効となります。
    ・入場整理券をお持ちでないお客様は、整理券番号のお呼び出し終了後のご入場となります。
    ※当日の受付方法、入場方法に関しては、係員の指示に従ってください。
    ※15日「子どものための音あそび」、16日「サンデー・マティネ・コンサート」は
     整理券の配布はございません。先着順での入場となります。
    -------
    【3Daysパス・ 1Dayパスをお買い求めのお客様】
    各日の当日券販売開始時間より、お手元のチケットと入場パスを交換いたしますので、受付までお越しください。チケットのままではご入場いただけません。
      


  • Posted by せんがわ劇場 at 15:00Comments(0)音楽JAZZ ART せんがわ

    2018年08月30日

    【高橋多佳子プロデュース 第7回せんがわピアノオーディション】

    8/26(日)に開催しました「第7回せんがわピアノオーディション」結果について、下記の通りとなりましたので、発表いたします。
    なお今回は、選考委員の協議により、最優秀賞・優秀賞の他、優良賞を設けました。

    各賞受賞者と選考委員の集合写真

    (前列左より)内村真凛さん(ミニコンサート出演)、谷口若菜さん、三原未紗子さん、下岡萌々子さん、都筑小百合さん、高梨壮一郎さん
    (後列左より)合田香(音楽コーディネーター)、有森博さん、三上桂子さん、高橋多佳子さん、三舩優子さん、下田幸二さん
    (廣瀬由香里さんは表彰式欠席のため上記写真には不在です)ー 場所: 調布市せんがわ劇場

    内村真凛さん

    第4回の優秀賞受賞者。今回、ミニコンサートで演奏してくださいました



    【最優秀賞】
    三原 未紗子さん


    【優秀賞】
    下岡 萌々子


    【優良賞】
    谷口 若菜さん、都筑 小百合さん  

     写真は左が都筑さん、右が谷口さんです

    【有森博賞】
    高梨 壮一郎

    【下田幸二賞】
    下岡 萌々子

    【三上桂子賞】
    三原 未紗子

    【三舩優子賞】
    都筑 小百合

    【高橋多佳子賞】
    廣瀬 由香里
    ---------------------------------------------------------------------
    【市民審査員賞】 公募による市民審査員が選出
    都筑 小百合



    受賞者は、2019年2月23日(土)、24日(日)にせんがわ劇場にてリサイタルを行う予定です。

    【最優秀賞】
    三原 未紗子  リサイタル

    【優秀賞】
    下岡 萌々子 ハーフリサイタル(45分)※

    【優良賞】
    谷口 若菜  30分の演奏※
    都筑 小百合 30分の演奏※

    ※下岡さん、谷口さん、都筑さんの3名によるジョイントリサイタルとなります
    選考委員による個人賞は以下のとおりです。



      


  • Posted by せんがわ劇場 at 11:00Comments(0)音楽ピアノオーディション

    2018年08月06日

    【サンデー・マティネ・コンサートvol.201】

    <シャンソン・フランセーズ~ クラシック歌手による シャンソン・ショウ シャンソニエにようこそ ~>



    【出演】
    田辺いづみ(メゾ・ソプラノ)
    和田ひでき(バリトン)
    田中 知子(ピアノ)

    厳しい暑さをさらりとかわすような、洒落たシャンソンをお楽しみいただきました!

    いくつものシャンソニエ(シャンソン専門のライブハウス)が愛されてきたことでもわかるように、
    日本に根付いているシャンソン。
    意識して聴いたことのない方でも、CMなどでいつの間にか親しんでいたり、学校の音楽の時間に歌ったこともあるかもしれません。

    舞台上には深紅の薔薇が一輪飾られ、雰囲気も満点の中、日本語とフランス語をとりまぜてお聴きいただきました。
    アンコールの「オー・シャンゼリゼ」は客席も巻き込んでの合唱。
    劇場を出るお客さまの足どりも、心なしか軽かったような……

    終演後のひとことインタビューも、いつもとちょっと違う感じ?どうぞお楽しみください!

    公演詳細ページはこちらからどうぞ→ここをクリック
      


  • Posted by せんがわ劇場 at 12:00Comments(0)音楽