たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2017年02月14日

「海外戯曲リーディング」佐川リポートその7

佐川リポートその7。明日から開幕する2nd Week!
プログラムEのアルゼンチンの「悲しい心はどこへ行く」

「悲しい心はどこへ行く」は、アルゼンチンのシンシア・エドゥルさんの作。彼女は、アルゼンチンのみならず、世界中の劇作家を繋ぐ活動も行っている南米演劇界の若きリーダーです。アルゼンチンの休日の過ごし方と言えば、家族や親戚とバーベキューパーティが定番だそうですが、この戯曲も、休日の「家族」のお話です。

父が不在のある一家。久しぶりに集まった一家は、思い出のビーチへ。かつて、父や親戚たちと賑やかに過ごした昔を懐かしむ母だが、その記憶は子ども達と共有することはどうも難しいようで・・・。と、「悲しい心はどこへ行く」というタイトルのように、少し複雑な家庭を描いた戯曲です。

演出は、俳優としても傑出した技術をお持ちの花組芝居の加納幸和さん。俳優出身だけあり、非常に的確な演技指導を、ユーモアを交えて行われるので、稽古場は楽しい雰囲気に包まれます。また、何気ないセリフを立体化し、ダイナミックなやり取りにしていく演出力に加え、加納さんは普段「女形」もやっているので、女性の繊細さ、ずるさなどを引き出す技は白眉。出演俳優さんも、夢の遊眠社、第三舞台、宝塚歌劇団など、有名劇団出身の実力派がそろっています。

今回扱っている7地域の中で、日本から最も遠いのがアルゼンチン。そんな地球の裏側「アルゼンチンの家族」を、私たちに身近に感じるよう加納さんは演出してますので、ご注目ください。

「海外戯曲リーディング」佐川リポートその7
「海外戯曲リーディング」佐川リポートその7



海外戯曲リーディング特設ホームページはこちらから→
ここをクリック!


「海外戯曲リーディング」佐川リポートその7


  • 同じカテゴリー(演劇)の記事画像
    【はじめてのげきあそび】
    【せんがわ演劇祭~リーディング・フェスティバル~】全ステージ終了しました!
    「せんがわ演劇祭~リーディング・フェスティバル~」調布経済新聞さんに取り上げていただいています!
    せんがわ演劇祭 プレイベント『ケベックの文化と今日の演劇について』ミニミニレポート
    【親と子のクリスマス・メルヘン「アリス」】
    受賞者インタビュー(4)  パンチェッタ 一宮周平さん(グランプリ賞・オーディエンス賞・俳優賞)
    同じカテゴリー(演劇)の記事
     【はじめてのげきあそび】 (2019-03-05 10:45)
     【第10回せんがわ劇場演劇コンクール】応募をご検討中の皆さまへ!!! (2019-02-28 10:00)
     せんがわ劇場ニュース(2月20日号) (2019-02-23 10:00)
     【せんがわ演劇祭~リーディング・フェスティバル~】全ステージ終了しました! (2019-02-18 10:00)
     せんがわ演劇祭〜リーディングフェスティバル〜 (2019-02-14 13:00)
     せんがわ劇場ニュース(2月5日号) (2019-02-06 10:00)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    「海外戯曲リーディング」佐川リポートその7
      コメント(0)