たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2018年11月26日

【サンデー・マティネ・コンサートvol.205】

<モーツァルト・レクチャー第2弾- 始まりと終わりのモーツァルト->

【出演】
安田 和信(お話)
小平 怜奈(ヴァイオリン)
神谷 悠生(ピアノ)



2年前、vol.166から、かなり時間は開いてしまいましたが、好評だったモーツァルト・レクチャーの第2弾をお届けしました。
今回は「ヴァイオリン・ソナタ」の最初と最後の1曲の聴き比べです。

最初の1曲K.6は、8歳の時の曲。
当時のヴァイオリン・ソナタはむしろピアノが主役で、ヴァイオリンが伴奏的に音を添える形が主流だったそうで、この曲もそのやり方に沿っています。ヴァイオリンなしで演奏しても、曲として成り立ってしまうみたい(驚)

一方、K.526は、ヴァイオリンとピアノが、時に絡み合い、時に支え合い、と、まさに両者で1つの曲を構築している感じ!

実は、本当の最後のヴァイオリンソナタはもう1曲後で、この曲は最後から2番目なのですが、最後の曲はK.6と同じ方法論で書かれているため、今回はあえてK.526を選ばれたそうです。

年齢による進化だけではないこの違い、解説がなければわからない、という方も多いのではないでしょうか。お客さまでも、うなずいていらっしゃる方が多かったです。

安田先生のわかりやすいお話で、レクチャーコンサートならではの楽しみ、味わっていただけた事と思います。モーツァルトはいろんな曲を書いていますから、「最初と最後」シリーズ、まだまだできそうですね。

さて、今回の演奏の小平さんは、6月のまちなかコンサートでご出演いただいたばかり。神谷さんは、第5回せんがわピアノオーディション最優秀賞で昨年ソロリサイタルを開いた方で、せんがわ劇場とゆかりのあるお二人でした。

終演後のインタビューをご覧ください!

公演詳細ページはこちらからどうぞ→ここをクリック


  • 同じカテゴリー(サンデー・マティネ・コンサート)の記事画像
    サンデー・マティネ・コンサートvol.206
    【サンデー・マティネ・コンサートvol.204】
    【サンデー・マティネ・コンサート】vol.203<アンデスの調べ>
    【サンデー・マティネ・コンサートvol.201】
    【サンデー・マティネ・コンサートvol.200】
    サンデー・マティネ・コンサートvol.199
    同じカテゴリー(サンデー・マティネ・コンサート)の記事
     サンデー・マティネ・コンサートvol.206 (2018-12-03 10:00)
     【サンデー・マティネ・コンサートvol.204】 (2018-11-01 15:00)
     【サンデー・マティネ・コンサート】vol.203<アンデスの調べ> (2018-09-24 10:00)
     【サンデー・マティネ・コンサートvol.201】 (2018-08-06 12:00)
     【サンデー・マティネ・コンサートvol.200】 (2018-08-06 10:00)
     サンデー・マティネ・コンサートvol.199 (2018-07-09 11:00)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    【サンデー・マティネ・コンサートvol.205】
      コメント(0)