たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2019年01月13日

サンデー・マティネ・コンサートvol.208

<瀧廉太郎へのオマージュ>

【出演】
松井康司(お話・バリトン)
紀野洋孝(テノール)
藤原伊央里(ピアノ)
桐朋学園芸術短大声楽アンサンブル


新年最初のサンマチは、日本が誇る作曲家、瀧廉太郎を取り上げました。
寒い中、たくさんのお客さまにお越しいただき、ありがとうございました!
 
明治の時代、西洋の音楽を真摯に学び、それを自身の作曲で活かす試みをしつつ、
子どもたちが楽しく歌える歌を作り、あっという間にこの世を去ってしまった瀧廉太郎。

松井先生からはたくさんのエピソードが語られ、止まらないほどでした。
 
たとえば「花」が、実は四季折々の組曲になっていたこと、皆さんご存知でしたか?
組曲「四季」の春が「花」で、その後「納涼」「月」「雪」と続くのです。
「月」や「雪」は、教会の聖歌のような雰囲気で、
瀧廉太郎という人は、こんな曲も作っていたのか!と、その幅広さにびっくりしました。
組曲としてはめったに演奏される機会がなく、
今日初めてお聴きになった方も多かったのではないでしょうか。
 
それにしても、あれほど輝かしい才能を持ち、将来を嘱望されていた瀧廉太郎が、
23歳という若さで病に倒れ、死の間際に創った遺作「憾(うらみ)」は、
彼の無念や怒り、音楽への情熱、あらゆる想いがあふれるような曲です。
タイトルを見るだけでも心が痛みます……。


ピアノ曲、ソロ、合唱など、贅沢にいろんな編成でお楽しみいただきました。
終演後のインタビューは、松井康司先生(お話・バリトン)、紀野洋孝さん(テノール)、藤原伊央里さん(ピアノ)にお願いしました。
ぜひご覧ください!


公演詳細ページはこちらからどうぞ→ここをクリック

  


  • 2019年01月11日

    おらほ亭せんがわ落語会第二部は満席になりました!

    明日1月12日(土)17時開演のおらほ亭せんがわ落語会第二部 
    家族で楽しめるプロの寄席は、好評につき満席になりました。

    当日券は、若干枚、開演45分前の16時15分に販売を開始いたします。
    皆さまのご来場をお待ちしております。

      


  • Posted by せんがわ劇場 at 12:00Comments(0)落語

    2019年01月04日

    新年あけましておめでとうございます

    新年明けましておめでとうございます。

    旧年中は多くの皆さまにお世話になり、誠にありがとうございました。
    新年は、4日より営業いたします。

    2019年春、せんがわ劇場がプロデュースするプログラムとしましては、
    1/12(土)「おらほ亭せんがわ落語会」1/13(日)サンデー・マティネ・コンサートVol.208、にはじまり、
    2月には「せんがわ演劇祭」、「せんがわピアノオーディション受賞コンサート」と続きます。
    ワークショップやアウトリーチなども開催いたします。

    また、せんがわ劇場を会場とする公演、コンサート、イベントも多数上演されます。
    たくさんの皆さまにご来場いただき、観ること、聴くこと、演ること、参加することを
    楽しんでいただける「文化発信基地」として努力を続けつつ、
    12シーズン目を迎える4月からは、新しい船出を迎えます。
    本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。





      


  • Posted by せんがわ劇場 at 10:00Comments(0)その他いろいろ