たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2018年02月27日

【サンデー・マティネ・コンサートPlus+ vol.15】

出演の菊地知也さん、今井彩子さん、お二人の終演後写真です!


今井さんの「今日の菊池さんの衣裳よかったですね!」という一言をきっかけに、劇場の女性スタッフたちも口々に「そのシャツ素敵ですよね!」と盛り上がり・・・真ん中にいらした菊地さんのシャイな笑顔が印象的でした

出演の菊地知也さん、今井彩子さんに、終演後一言コメントをいただきました!


菊地さんは、かつてサンデー・マティネ・コンサートに「アンサンブル・ノマド」のメンバーとしてご出演いただいてから、9年ぶりの登場!
今やvol.192を数えるサンマチの、vol.19です。スタッフHが進行をお手伝いさせていただいてから2本目のコンサートでした。うわー……サンマチも、歴史を重ねてきてますね。

今回のプログラムは、重厚で、まさにチェロを味わい尽くすという感じ。上演中ロビーで聴いていたスタッフの間でも「これ、500円で聴く曲目かしら…」とささやき合っていましたが、お客さまのアンケートでもまったく同じ感想が多数。ちなみに、リハーサル中に菊地さんご自身も「大変なプログラムを組んじゃったなー」とおっしゃっていたとかいないとか。

ご来場いただいたお客さまには珠玉の時間を楽しんでいただけたことと思います。
菊地さん、今井さん、ありがとうございました!


  


  • Posted by せんがわ劇場 at 15:00Comments(0)音楽

    2018年02月27日

    TA(ティーチンクアーティスト)養成プログラム

     企画運営部の柏木です。
    2018年、はじめてのブログとなります。

     近年、せんがわ劇場では、調布市内の学校、児童館、放課後デイサービス等に演劇の専門家を派遣し、演劇的手法を使ったワークショップを数多く行っています。その数は年々増え、2017年度の実施コマ数(授業1コマ、または一時間)は100コマを超え、参加人数は、のべ2401名に達しました。
     しかし、演劇の専門家でも、演劇教育(ドラマ・エデュケーション)については経験がまちまち。
    日本国内でも、いろいろと摸索中だと思います。


     そこで、1/9(火)〜1/13(土)の5日間、ニューヨークでドラマ・エデュケーションを体系化している劇場:BAM (※1)と連携し、Stephen
    DiMenna(スティーブン・ディメンナ)氏を、せんがわ劇場に招聘。

     期間内の2日間、劇場から派遣される専門家たちのスキルアップを目的とした『TA養成プログラム』 (※2)を開催しました。

    ※1 BAM(バム)
    Brooklyn Academy of Music(ブルックリン音楽アカデミー)
    1861年にニューヨークのブルックリンに設立された非営利の演劇、アート、シネマセンターであり、アメリカ最古のパフォーミング・アート・センター(総合芸術施設)。

    ※2 TA(ティーチングアーティスト)
    演劇を通して、子供達への教育に携わっているアーティストの事。NYではTAを育成するプログラム、TAと学校現場に携わるプログラムの基礎があり、キャリアとしても確立している。


      続きを読む


  • Posted by せんがわ劇場 at 12:53Comments(0)演劇アウトリーチ