たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2019年05月06日

サンデー・マティネ・コンサートvol.213

【サンデー・マティネ・コンサートvol.213】
出演:芝 有維(しば ゆい) (篠笛)、有馬 美梨(ありま みのり)(箏)、金子 昇馬(かねこ しょうま) (箏)



令和元年、最初のサンデー・マティネ・コンサートは、日本音楽の世界として、篠笛と箏によるそれぞれの独奏とアンサンブルのコンサート。新しい元号の始まりにふさわしい和楽器の演奏をお楽しみ頂きました。



10連休とのことでご旅行される方も多く、お客様がいらっしゃるか不安でしたが、有難いことに今回もほぼ満席となりました!



出演者は、桐朋学園芸術短期大学に在籍している芝さん、有馬さん、金子さんの3名。日本において数少ない邦楽を専門的に学べる音楽大学がある仙川ならではの大切な企画です。








今回、演奏して頂いたのは、演奏者によって受け継がれて来た伝統ある古典の作品と新しく和楽器のために作曲された現代の作品。演奏の合間には、楽器の紹介や楽譜にも触れて頂き、西洋の楽器とは異なる特徴や多様な種類を分かり易く解説して頂きました。



そして、なんと言っても素敵なのは実際の演奏。若々しい力強さと表情豊かな音楽には、会場全体が引き込まれ、和楽器の魅力をたっぷり堪能出来たのではないでしょうか。










早くも次回は、もっと楽器の種類を増やしてやろうという声もちらほら。近いうちにまた皆様に日本の伝統芸術の素晴らしをお届け出来たらと思います。



さて、次回もまた、「未来のホープ」として、ピアノの守永由香さんがショパンを演奏して下さいます。若くして日本音楽コンクールで入選するなど将来を有望視されている若手の演奏!ぜひご期待下さい!



SMC vol.213 5月5日
日本音楽の世界
出演:芝 有維(しば ゆい) (篠笛)、有馬 美梨(ありま みのり)(箏)、金子 昇馬(かねこ しょうま) (箏)

演奏曲目:
箏譚詩集 Ⅰ 小さな序曲、Ⅴ やがて春が(三木稔作曲)
祭り囃子より『はねこ踊り』(作曲者不明)
古典曲『獅子狂い五段』(作曲者不明)
「三つの断章」(中能島欣一)
「二つの田園詩」(長沢勝俊)
  


  • 2019年04月16日

    サンデー・マティネ・コンサートvol.212

    【サンデー・マティネ・コンサートvol.212】
    出演:ヴァンサン・リュカ(フルート)、東井美佳(ピアノ)

    本年度のスタートコンサートは、パリ管弦楽団首席フルーティストのヴァンサン・リュカさんとピアノの東井美佳さんをお迎えした豪華な演奏会でした。リュカさんが演奏して下さるのは、せんがわ劇場ではなんと3度目。開場前から長蛇の列が出来る盛況ぶりでした。残念ながら入場出来なかったお客様には、リュカさんがロビーにいらしてフルートを吹いて下さるサプライズも!
    今回のコンサートでは、ドビュッシーやフォーレのフルートならではの名作を中心にお送りしました。特に、最後のカルメン幻想曲での圧倒的な技巧には、ただただ感嘆するばかり!リュカさんの引き込まれるようなフルートの音色と東井さんとの見事なアンサンブルに多くのお客様より「素晴らしかった」との声を頂きました!






    Facebookには公演後のインタービューもアップしましたので、ぜひご覧ください。
    今年度も、せんがわ劇場は、皆さまに上質で親しみやすい音楽をお届けしてまいりますので、どうぞよろしくお願いします!

    【プログラム】
    ドビュッシー:シリンクス
          牧神の午後への前奏曲
    J.S.バッハ:フルートソナタ ホ長調 BWV1035
    フォーレ:シシリエンヌ
    グルック :精霊の踊り
    オネゲル:雌山羊の踊り
    ボルヌ:カルメン幻想曲




      


  • 2019年04月12日

    パンチェッタ 「plant」 稽古場レポート!



    次世代芸術家・企画運営部の桒原秀一です。
    昨年の第9回せんがわ劇場演劇コンクールで「グランプリ」「オーディエンス賞」のW受賞をした、パンチェッタの「オーディエンス賞」受賞公演が、4月19日(金)から行われます。

    Pancetta 9th performance“Plant”公演詳細はここをクリック!

    稽古中の彼らの稽古場に訪れました。
    この記事では、稽古場の様子とともに、公演の見どころをお伝えしていきたいと思います!

    pancetta_Plant01
    左から セキュリティ木村さん、一宮周平さん


    受賞した前回のコンクール時の作品『Parsley』では、専門審査員からの具体的な賛辞も含めて「エンターテインメント性」「演出力」への講評が多かったように思います。

    第9回せんがわ劇場演劇コンクール 専門審査員講評(5) 「パンチェッタ」はここをクリック!

    やはり、一宮周平さんによる演出が作品の基盤となっているようです。

    一度コンクールで上演した作品を、分解・再構築を繰り返しながら稽古は進んでいる様子です。

    pancetta_Plant02
    主宰・作・演出の一宮周平さん

    和気あいあいとしている稽古場は、演出の一宮周平さんを中心に新しい可能性を模索しながらも、常に笑いが絶えません。演出家の人柄がなせる事だと感じます。
    常に「面白さ」を追求する姿勢や新しい発想にワクワクしながら、一観客として楽しませていただきました。一見くだらないと思える事にも裏側のメッセージが散りばめられているような気がして、観客の興味が尽きる事はありません。

    pancetta_Plant03
    左から一宮さん、瞳さん

    また、ある程度観客が物語に興味を持ち始めたなと思うと、気持ちがいいぐらい潔く裏切ってきます。
    観客を魅了する歌のレパートリーも健在でした。

    若手演出家コンクール(※)でも最優秀賞と観客賞を勝ち取り、現在乗りに乗っているパンチェッタが贈ります『Plant』。
    ぜひ、劇場まで足をお運びください。お待ちしております。


    ※若手演出家コンクール……日本演出家協会が主催し、年1回開催する 「自分を若手 (新人)と思う演出者」 を対象としたコンクール。

      


  • Posted by せんがわ劇場 at 15:50Comments(0)演劇コンクール

    2019年04月12日

    せんがわ劇場の指定管理について(4/1)

    せんがわ劇場は、平成20年の開館以来、調布市の直営により運営されてきましたが、このたび、公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団が指定管理者として、調布市から指定されました。


    文化会館たづくり・グリーンホールでの芸術・文化・コミュニティ事業の運営実績と、3つの施設の連携による相乗効果が期待できる面が評価され、新たに指定管理者として指定されました。

    今後とも、皆さまのご利用・ご来場を心よりお待ちしております。
      


  • Posted by せんがわ劇場 at 08:58その他いろいろ

    2019年03月28日

    【サンデー・マティネ・コンサートPlus vol.16】

    【サンデー・マティネ・コンサートPlus vol.16】

    【出演】
    カルテット・プラチナム
     沼田園子(ヴァイオリン)
     野口千代光(ヴァイオリン)
     大野かおる(ヴィオラ)
     菊地知也(チェロ)


    10周年を迎えた平成30年度せんがわ劇場の最後のコンサートは、
    弦楽器の名手4人による弦楽四重奏カルテット・プラチナムの演奏で締めくくりました。
    アンケートでは「素晴らしい」が沢山。
    本当に贅沢な1時間で、客席内はどこか音楽の世界に飛んでいったかのような空間になっていました!
    カルテット・プラチナムの皆さま、素晴らしい演奏をありがとうございました。

    公演詳細ページはこちらからどうぞ→ここをクリック

      


  • 2019年03月21日

    せんがわ劇場ニュース(3月20日号)

    3/20号の「せんがわ劇場ニュース」が #youtube にアップされています!

    今回は、4、5月に「第9回せんがわ劇場演劇コンクールグランプリ&オーディエンス賞受賞公演」を連続上演する、
    パンチェッタさんのご案内です。

    ぜひご覧ください!


    公演の詳しい情報→ここをクリック
      


  • Posted by せんがわ劇場 at 10:00Comments(0)その他いろいろ

    2019年03月20日

    【サンデー・マティネ・コンサートvol.211】<ピアノトリオコンサート>

    <ピアノトリオコンサート>

    出演:吉村美智子( ヴァイオリン)
        内山剛博( チェロ)
        齊野晴香( ピアノ)

    今シーズン最後のサンマチは、ピアノトリオ。
    弦楽器だけの組合せではなく、メロディも伴奏も、何ならリズムも担当できるピアノが入ることで、
    ヴァイオリンもチェロも、よりソリスト色が強くなるというか、個性が発揮される感じなのでしょうか。
     
    このピアノトリオを、桐朋学園大学の1年生と3年生という、フレッジュかつ実力派の皆さんにご出演いただき、お届けしました!
     
    特に2曲目のドビュッシーは全楽章、20分近くの演奏で、しっかりご堪能していただけたのではないかと思います。
     
    恒例の「せんがわトーク」では、それぞれのランチタイムをご紹介。
    斎野さんはお弁当中心なので・・・と特にお店は上がりませんでしたが(これも素晴らしいですね!)、
    吉村さんは、見晴らしがよいsengawa Poireをあげてくださいました。
    特筆は内山さん。このコーナーの存在を知っていたので準備してきました!と、
    串カツ居酒屋 民屋、武蔵野うどん和酒 たか乃(残念ながら3月で閉店)、
    更にお好きなラーメン屋さんで、めでたや・しば田、と、4軒も紹介の大サービス?でした。
     
    コンサートの最後では、8年にわたり、サンマチをはじめとした音楽事業を長年担当し、
    今年度で劇場を離れるスタッフMが、初めてステージでご挨拶しました。
     
    来年度から、せんがわ劇場は、調布市直営から、調布市文化・コミュニティ振興財団の運営となりますが、
    サンデー・マティネ・コンサートは引き続き開催します。
    これからも、皆さまのお越しをお待ちしております!

    終演後の写真は左から、斎野晴香さん、吉村美智子さん、内山剛博さんです。
    堂々とした演奏から一変、2枚目のピース写真をみると、やはり若者!とほほえましくなるスタッフHでした☺️



    終演後コメントは、斎野晴香さん、吉村美智子さん、内山剛博さんの順番です。どうぞご覧ください!


    公演詳細はこちらからどうぞ→ここをクリック


      


  • 2019年03月05日

    【はじめてのげきあそび】

    【はじめてのげきあそび】

    ひなまつりの3月3日、
    3歳以上の子どもたちと保護者を対象にワークショップを開催しました。

    約40名の参加者の皆さんと、色々な動物を身体で表現したり、
    絵本の読み聞かせ(観客参加型)、
    ひなまつりにちなみ「ひなまつりの歌」をお手製しゃくとおうぎを持って踊りながら歌い
    それを舞台で発表する。
    マリンバや打楽器などで生効果音・生演奏あり、
    最後には楽器体験もあったりと、とても盛りだくさんの内容でした!

    参加者の皆さんもとても積極的に参加してくださいました!
    またせんがわ劇場に来てくださいね。

    (アーティスト)
    たけうちみずゑ
    タカミナオミ
    櫻井拓見
    有川義孝

    (演奏)
    茂木美彩希
    江刺家仁実





      


  • Posted by せんがわ劇場 at 10:45Comments(0)演劇音楽ワークショップ

    2019年03月05日

    サンデー・マティネ・コンサートvol.210 東京の民謡を知る

    <東京の民謡を知る>

    【出演】
    村松 喜久則(唄・構成・ご案内)
    京極 加津恵(唄・ご案内)
    月岡 雪子(笛・三味線)
    モード・アルシャンボー(鳴り物・踊り)


    民謡。
    日本全国に民謡がどのくらいあるかご存知ですか?
    何と58,000曲!!(昭和62年調査)
    しかも、何となく、地方の方がたくさんの民謡がある気がしていましたが、
    実は東京は「民謡の宝庫」ともいわれるほど、多くの民謡が残されている地域なんだそうです!
      
    今回は、たくさんあるにもかかわらず、
    意外と知らない民謡の数々を、わかりやすく楽しい解説と共に、聴くことができました。
     
    考えてみると、江戸は、当時世界でも有数の人口を抱える大都市で、
    地方との行き来も既に盛んにおこなわれていましたから、
    各地の民謡が江戸に伝わるのは、当然なのかもしれません。
    (江戸を経由して、また他の地方に伝わって行ったりもしたようです)
     
    こうして広まるうちに、少しずつお土地柄にあわせて歌詞が変わり、テンポやメロディが変わっていく。
    江戸の民謡は、江戸っ子気質を反映してか「節の上がり下がりが激しく、旋律が直線的で、歯切れがよい」んですって。なるほど!

    民謡は、誰が作ったのでもなく、日々の労働や暮らしの中から生まれ、
    文字や楽譜ではなく口から耳へ伝えられてきたもの。
    田畑を耕す歌、舟をこぐ歌、遊びに行こうとする若者の気持ちをうたった歌など、
    ごく自然に口ずさみながら生活していたのかもしれませんね。

    冷たい雨の中ご来場くださったお客さまも、大満足のコンサートでした!
     
    終演後、皆さんからコメントをいただきました。
    京極 加津恵さん、モード・アルシャンボーさん、月岡 雪子さん、村松 喜久則さんの順です。
    ぜひご覧ください!

    ※モード・アルシャンボーさんはカナダ人で、外国人として初めて、日本(一社)民謡プロ協会に入会して活躍中の方です。
    ※村松さんのコメント中にサイレンが入っています。お聞き苦しい点、ご容赦ください。


    公演詳細ページはこちらからどうぞ→ここをクリック  


  • 2019年02月28日

    【第10回せんがわ劇場演劇コンクール】応募をご検討中の皆さまへ!!!

    専門審査員の皆さまと、企画監修の徳永京子さんより、メッセージをいただきました!
    ぜひご覧ください。

    --------------------------------------------------------------------------------------------------

    せんがわ演劇コンクールに応募する皆さん、
    今日はどんな1日でしたか?そして、審査の日はどんな1日になるのでしょうか?
    皆さんの無限の可能性に向き合う日が楽しみなようでもあり怖いようでもあり…。
    私自身もドキドキ。日々自分の感性を研ぎ澄まし、真っ白な頭で挑みます。
    原始的に心震える瞬間を待っています!

    我妻恵美子(大駱駝艦・舞踏家)
    --------------------------------------------------------------------------------------------------

    同じ作家として真剣に皆さんの作品と向き合いたいと思います。
    なにより面白い作品との出会いを楽しみにしています。

    市原佐都子(演劇作家・小説家・Q主宰)
    -------------------------------------------------------------------------------------------------

    日頃、稽古場施設である急な坂スタジオにいます。
    創造環境にいることも刺激的ですが、劇場という公演の場が、少し羨ましいです。
    コンクールとなると参加するのに勇気がいるかもしれません。
    でも「劇場」がサポートしてくれることは、今後の活動にとって大きな財産になるはずです。
    多くの方・作品との新しい出逢いを心から楽しみにしています。

    加藤弓奈(プロデューサー)
    --------------------------------------------------------------------------------------------------

    世界的なネオナショナリズムとポピュリズムの波に翻弄された2010年代が終わろうとしている。
    2020年代はどんな時代になるだろう?いや、言い直そう。どんな時代にしたいのか?と。
    アートシーンも時代と無縁ではいられない。
    多様性を受け入れられる?
    超格差社会?
    少子高齢化が加速する?
    日本は滅びる?
    そんな世界のどこかで、あなたはどうしている?
    何をしたい?
    求ム!
    誰も観たことが無い演劇を。
    10年後の未来の世界でしか理解出来ない作品を。

    杉山至(舞台美術家)
    --------------------------------------------------------------------------------------------------

    今回私が審査員を拝命させていただいたのは
    「コンクールの先を考えたコンクール」という惹句と、
    それを実現するための様々なプログラムにシビれたからでもある。
    たんなる権威ではなく、腰を据えてアーティストと向き合っていこうというその姿勢、
    その心意気に応えるような、あるいはそれすらもぶっ飛ばすような力作との出会いを、心から待っている。

    乗越たかお(作家・舞踊評論家)
    --------------------------------------------------------------------------------------------------

    良い演劇コンクールとはどんなものか、考えながら毎年準備を進めています。
    専門審査員は作・演出家、ダンサー、批評家、クリエイター、
    プロデューサーの各ジャンルから一流の審美眼と言葉を持つ人を。
    入賞団体には劇場の主催公演や、アウトリーチ事業へ参加してもらうように。
    今より広い景色を観たい方をお待ちしています。

    徳永京子(演劇ジャーナリスト)
    --------------------------------------------------------------------------------------------------

    応募詳細は、ホームページまで!→ここをクリック  


  • Posted by せんがわ劇場 at 10:00Comments(0)演劇演劇コンクール