たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2019年05月20日

サンデー・マティネ・コンサート vol.214 〈未来のホープコンサートvol.24〉

【サンデー・マティネ・コンサートvol.214】
今回は、未来のホープコンサートvol.24として、守永由香さんをお招きしました。桐朋学園に在籍しながらも、既に輝かしい経歴をお持ちのピアニストです。

今回のサンマチでは、ピアニストのレパートリーの王道であるショパンのみを演奏するオール・ショパン・プログラム(さらに演奏された3曲ともワルシャワ出身のショパンがフランス滞在時に作曲されたそうです)を組んでくださいました。





サンマチのスタンプによる予約席が多かった今回の演奏会ですが、有難いことに満席御礼。入場出来なかったお客様大変申し訳ありません。


ショパンの作品は、ピアノの詩人なんて呼ばれることが多々ありますが、守永さんの演奏は、圧倒的な技巧はもちろん、バラードやポロネーズなどの難易度が非常に高い作品でも、常にその音楽が語りかけてくるような繊細さが感じられる見事な演奏でした。





まさしく、ショパンを弾くために生まれたピアニストと思いきや、実は一番好きな作曲家はシューマンだそうです笑 次回は、シューマンも聴いてみたいですね。


演奏の合間には、朗らかな人柄も見せてくれました。





未来のホープにふさわしい守永さんのさらなるご活躍をせんがわ劇場一同楽しみしております。
次回は、クロマチックハーモニカの山下伶さんがギタリストの山下俊輔さんと登場されます。ぜひご期待下さい!

SMC vol.214 5月19日
未来のホープコンサート
出演:守永由香(ピアノ)

演奏曲目:
~オール・ショパン・プログラム~
ノクターン ロ長調 Op. 9 - 3
バラード 第1番 ト短調 Op. 23
幻想ポロネーズ Op. 61

  


  • 2019年05月06日

    サンデー・マティネ・コンサートvol.213

    【サンデー・マティネ・コンサートvol.213】
    出演:芝 有維(しば ゆい) (篠笛)、有馬 美梨(ありま みのり)(箏)、金子 昇馬(かねこ しょうま) (箏)



    令和元年、最初のサンデー・マティネ・コンサートは、日本音楽の世界として、篠笛と箏によるそれぞれの独奏とアンサンブルのコンサート。新しい元号の始まりにふさわしい和楽器の演奏をお楽しみ頂きました。



    10連休とのことでご旅行される方も多く、お客様がいらっしゃるか不安でしたが、有難いことに今回もほぼ満席となりました!



    出演者は、桐朋学園芸術短期大学に在籍している芝さん、有馬さん、金子さんの3名。日本において数少ない邦楽を専門的に学べる音楽大学がある仙川ならではの大切な企画です。








    今回、演奏して頂いたのは、演奏者によって受け継がれて来た伝統ある古典の作品と新しく和楽器のために作曲された現代の作品。演奏の合間には、楽器の紹介や楽譜にも触れて頂き、西洋の楽器とは異なる特徴や多様な種類を分かり易く解説して頂きました。



    そして、なんと言っても素敵なのは実際の演奏。若々しい力強さと表情豊かな音楽には、会場全体が引き込まれ、和楽器の魅力をたっぷり堪能出来たのではないでしょうか。










    早くも次回は、もっと楽器の種類を増やしてやろうという声もちらほら。近いうちにまた皆様に日本の伝統芸術の素晴らしをお届け出来たらと思います。



    さて、次回もまた、「未来のホープ」として、ピアノの守永由香さんがショパンを演奏して下さいます。若くして日本音楽コンクールで入選するなど将来を有望視されている若手の演奏!ぜひご期待下さい!



    SMC vol.213 5月5日
    日本音楽の世界
    出演:芝 有維(しば ゆい) (篠笛)、有馬 美梨(ありま みのり)(箏)、金子 昇馬(かねこ しょうま) (箏)

    演奏曲目:
    箏譚詩集 Ⅰ 小さな序曲、Ⅴ やがて春が(三木稔作曲)
    祭り囃子より『はねこ踊り』(作曲者不明)
    古典曲『獅子狂い五段』(作曲者不明)
    「三つの断章」(中能島欣一)
    「二つの田園詩」(長沢勝俊)
      


  • Posted by せんがわ劇場 at 13:23Comments(0)サンデー・マティネ・コンサート