たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2017年07月25日

2017年07月25日

せんがわ劇場ニュース(7月20日号)

今月は8/27(日)に本選が行われる「第6回せんがわピアノオーディション」のご案内。
高橋多佳子さんにご出演いただいています!ぜひご覧ください。そして劇場にいらしてくださいね♪
市民審査員も7/31まで募集中です!
  


  • Posted by せんがわ劇場 at 10:00Comments(0)演劇演劇コンクール

    2017年07月24日

    【パフォーマンスキッズ・トーキョー】



    前嶋ののさんと、小学4年~中学3年の子どもたちで創る「つくって、演じて、動いて、歌って。」
    今日が初日でした。

    大人たちがびっくりしてしまうくらいに、元気とやる気に満ちた子どもたちが、せんがわ劇場に集まりました。
    初日から思わず「役者やのう」と感心してしまう場面もあったりして、いったいどんな作品がこれからできあがっていくのか、本当に楽しみです!

    発表公演は8/4(金) 18:00と、8/5(土) 15:30の2回。入場無料です!
    申込方法など、詳しくはHPをご覧ください。→ここをクリック  


  • Posted by せんがわ劇場 at 19:00Comments(0)ワークショップ

    2017年07月21日

    【「第8回せんがわ劇場演劇コンクール」結果発表】

    掲載が遅くなりましたが・・・
    7/15(土)、16(日)にわたり行われました「第8回せんがわ劇場演劇コンクール」の結果につきまして、
    以下のとおり発表いたします。

    受賞のみなさま、おめでとうございます!


    【グランプリ】
    Spacenotblank 『Love Dialogue Now』




    【オーディエンス賞】
    くちびるの会 『プールサイドの砂とうた』




    【演出家賞】
    深堀絵梨(HOLIDAYS 『ちゃぶ台』)


    【劇作家賞】
    山下 由(Pityman 『ぞうをみにくる』)


    【俳優賞】
    waqu:iraz(waqu:iraz 『closets』)















      


  • Posted by せんがわ劇場 at 15:00Comments(0)演劇演劇コンクール

    2017年07月20日

    2017年07月15日

    演劇コンクール・当日券のご案内と入場についてのお願い



    <当日券のご案内>

    当日券は、各ステージの受付開始時間(開演25分前)から配布を開始いたします。

    ※基本的に車椅子優先席を当日券としてお出しします。
     当日車椅子の方がご来場された場合、席移動をお願いすることがあります。
    ※座席状況により、スタッフの判断で、当日券がお出しできない場合があります。
    ※小劇場でスペースがありませんので、早い時間からお並びになるのはご遠慮ください。

    <コンクール観劇の皆さまにお願い>

    全ステージ、ほぼ満席の状態です。誠にありがとうございます。
    ファイナリストが全力を尽くした舞台を、審査員と観客の皆さんが充分に観劇することができるよう、ご来場の皆さまにお願いがございます。

    開演時間に遅れないようにご来場ください。

    本コンクールは指定席で、かつ大勢の皆さまにご覧いただけるよう、ぎりぎりまで入場券をお出ししています。よって、時間に遅れた場合に、他のお客さまにご迷惑にならずに座っていただける席の用意がございません。
    コンクールという性質上、審査員の視界を遮るなど、上演に差支えがあるとスタッフが判断した場合、開演後はご入場をお断りする場合がございます。
    1回きりの上演のために力を尽くしてきたファイナリスト6劇団が、公平に審査に臨めることを優先させていただきたく、お客さまのご理解とご協力をお願いいたします。
      


  • Posted by せんがわ劇場 at 10:00Comments(0)演劇演劇コンクール

    2017年07月14日

    演劇コンクール・稽古場突撃インタビュー! 「くちびるの会」

    第8回せんがわ劇場演劇コンクール出場団体の稽古場に、次世代芸術家グループのメンバーが訪問してインタビュー!全6団体、順不同でお届けします。

    今回は、櫻井拓見さんが世田谷区内の稽古場に伺って、演出の山本タカさんにお話を伺いました。

    「劇団の成り立ち」を教えてください。

    山本タカ
    明治大学の学生時代に、同学年の男子学生を中心に「声を出すと気持ちいいの会」という劇団をやっていて、続けて行くなかで、劇団という形にとらわれず、どんどん新しいことにチャレンジできる場が欲しいなと思って、「くちびるの会」を立ち上げました。劇団員は僕一人です。単独ユニットとして、ファンタジー作品を上演する団体として活動しています。

    団体名の由来は?

    山本タカ
    「声を出すと気持ちいいの会」をやっているときから、「会」という言葉が好きだなと思っていました。meetingとか、「ある目的の為に人々が集まる場」という意味が。もちろん継続的な活動を行うんですが、「この作品の為に集まる」ということが劇団時代から強く意識としてあったので、この「会」は残したいな、と。「くちびる」は、声や音について元々気になっていたというのもあるんですけど、言葉と肉体がおもしろいラインで接点が見つかるといいなという想いを込めて、(身体上の)「唇」が、言葉と肉体の接点だろう、ということで名づけました。平仮名にしてあるのは、書き易さと、老若男女に読みやすくするためです。総画数20字以下を目指しました(笑)。

      続きを読む


  • Posted by せんがわ劇場 at 10:00Comments(0)演劇演劇コンクール

    2017年07月13日

    拡散希望!ラストチャンスです。第8回せんがわ劇場演劇コンクール・チケット情報


    満席のため受付終了となっていた劇団のチケットキャンセル等が出たため、
    7月14日午後2時~、すべてのチケットの受付を再開します。
    各劇団、若干枚数しかございませんので、終了の場合はご容赦ください。
    事前予約の最後のチャンスとなります。ぜひご利用ください。

    ※当日券の有無については、改めてご案内いたします。
      


  • Posted by せんがわ劇場 at 11:00Comments(0)演劇演劇コンクール

    2017年07月12日

    演劇コンクール・稽古場突撃インタビュー! 「Pityman」

    第8回せんがわ劇場演劇コンクール出場団体の稽古場に、次世代芸術家グループのメンバーが訪問してインタビュー!全6団体、順不同でお届けします。

    今回は、佐川大輔さんが仙川近くの入間に伺って、主宰で作演出家の山下由さんにお話を伺いました。

    「劇団の成り立ち」を教えてください。

    山下
    最初は僕一人で始めました。というのも、桐朋を卒業してから、ロジカルな演出の勉強しようと、海外へ短期留学しまして。帰国後も色々な劇団で演出助手をしながら学び、「さあ、いざ劇団を旗揚げ」と思ったら、かつての仲間の殆んどはすでに別の劇団に所属していて。(笑)でも、2011年、とにかく一人でも旗揚げして、公演を重ね、今では劇団員も増えました。




      続きを読む


  • Posted by せんがわ劇場 at 21:41Comments(0)演劇演劇コンクール

    2017年07月09日

    演劇コンクール・稽古場突撃インタビュー!  「waqu:iraz」

    第8回せんがわ劇場演劇コンクール出場団体の稽古場に、次世代芸術家グループのメンバーが訪問してインタビュー!全6団体、順不同でお届けします。

    今回は佐川大輔さんがせんがわ劇場近くの入間に伺って、劇団主宰である小林真梨恵さんにお話を伺いました。


    「劇団の成り立ち」を教えてください。

    小林
    もともとミュージカルから入り、その後小劇場にも関わるようになって、フリーで演劇の舞台を中心に出演、振付などをしていました。自主公演なども企画したりと活動していたのですが、20代の終わりで自身の活動にもろもろ疲弊してきまして、ちょっとだけ舞台活動から離れてみたんです。でも、一年も持たず、再始動(笑)再始動する際に、どうせやるなら好きな人をあつめてやりたいことをやろうと立ち上げたのが「waqu:iraz」でした。






      続きを読む


  • Posted by せんがわ劇場 at 18:42Comments(0)演劇演劇コンクール