たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2017年02月12日

「海外戯曲リーディング」佐川リポートその6

佐川リポートその6は、いよいよ2nd Weekの作品紹介に移ります。
まずはプログラムDの名がついている、カナダの「アイスランド」

戯曲はカナダの新鋭、ニコラス・ビヨンの作。彼の作品は映画化もされていて、世界的にも今非常に注目されている一人です。
カナダといえば、「移民に寛容な国」と言われる多民族国家ですが、この戯曲に登場する3人も、それぞれ違う背景を持っています。

エストニアからの留学生のカサンドラ、パキスタン系の移民2世のハリム、カナダ人の敬虔なクリスティアンのアナ。
この3人のモノローグで展開する珍しい形式の戯曲です。

あるアパートの一室に血まみれで倒れている男。なぜこの事件が起こったのか。3人はどうしてこの事件に巻き込まれたのか?
それぞれの独白が絡み合い、事件の全貌が明らかになっていく様は、芥川の名作「藪の中」が想起されます。
サスペンスな展開でありながら、その背景に現在の世界情勢が透けてみえてくる硬質な戯曲です。

演出は、演劇企画JOKOの菊池准さん。翻訳物の演出経験も豊富なベテラン演出家です。
リラックスした雰囲気で俳優に語り掛けていき、各自の個性を生かしながら、演出ポイントを絞っていくのは、ベテランの手腕。キャリア豊富ながら、リーディングは初演出らしいので、どのようにアプローチするかも注目です。

多文化主義の実験国家と言われるカナダは、グローバル化の先駆けといえるでしょう。カナダ発の演劇には、これからの日本が学ぶべきところが多くあるかもしれません。






海外戯曲リーディング特設ホームページはこちらから→
ここをクリック!





  


  • 2017年02月08日

    「海外戯曲リーディング」佐川リポートその5

    佐川リポートその5は、オーストラリア「ノームとアーメッド」についてです。

    戯曲は、アレクサンダー・ブーゾの作。今回の7作品では最も古い1968年のものですが、オーストラリア演劇史の一ページといえる著名な作品です。というのも、オーストラリアには「白豪主義」と言われる有色人種への差別政策がありますが、当時その問題を真正面から扱った演劇は革新的だったからです。オーストラリアが抱える多くの問題が描かれているこの作品を理解することは「20世紀オーストラリアの歴史」に触れることでもあるでしょう。

    登場人物は、オーストラリアの労働者階級の中年男性ノームと、パキスタンからの留学生で理知的なアーメッドの対照的な二人。その二人が、それぞれの人生、価値観を語り合いながら、関係を探っていく濃密な会話劇です。この芝居は、「肌の色の違う二人が演じる」のが大前提なので、日本では実際に上演するには高いハードルがあります。そう考えると、今回のリーディング上演は、この作品を紹介するうえで適切といえるかもしれません。

    演出の日澤雄介さんは、リアリティのある骨太な会話劇で、数々の演劇賞を受賞。時代を席巻している劇団チョコレートケーキの主宰であり、演劇界のトップランナー。稽古場でも、俳優の内面に働きかけながら、非常に繊細に場面を作り上げます。観客の感性を刺激するような空気感が伝わる演出は流石です。「これぞ、本格派リーディング」というようなストイックな上演になりそうです。







    海外戯曲リーディング特設ホームページはこちらから→
    ここをクリック!



      


  • 2017年02月08日

    「海外戯曲リーディング」佐川リポートその4

    今回は、パレスチナ「いつも同じ問題」について。

    作家はイハッブ・ザハダァ&イエスシアター。イエスシアターはパレスチナの劇団。パレスチナというと「中東の火薬庫」とも言われ、複雑な地域という印象がありますが、この作品は、コメディのような不思議なテイスト。

    あるアパートの庭にゴミがうずたかく積もっている。そのアパートの住人である3人が「このごみをどうするべきか?」と、けんかを始めます。その状況がどこかユーモラスでありながら、どの登場人物もどこか誇張されていて、その歪な世界観が現実と重なる寓話的作品です。

    演出は、せんがわ劇場演劇コンクール出身者で、京都で活動している「劇団しようよ」の大原渉平さん。彼は、今回の7人の演出家の中では最も若いうえ、演出助手にも同じ京都の若手、本間広大さん。この京都若手タッグで仙川に滞在しての創作です。
    大原さんの演出で特徴的なのは、「どうやったら、面白くなるか?」と俳優と意見交換しながら、稽古を進めていくところ。俳優さんたちも積極的にアイデアを出しながら進める稽古場は、ある種の一体感が生まれています。今回の7演目の中でも、かなり意欲的な演出に挑戦していて、若いながらも臆することのない新世代の演出家だなと思います。

    小劇場界注目の俳優さんの参加もあり、パレスチナへの固定概念を覆してくれる化学変化がありそうです。新しいものを感じたい方はぜひ!




    海外戯曲リーディング特設ホームページはこちらから→
    ここをクリック!






      


  • 2017年02月05日

    「海外戯曲リーディング」佐川リポートその3

    海外戯曲リーディング稽古場リポートですが、これからは各作品について個別に紹介していこうと思います。
    まずは、第一週に上演されるフランス戯曲「うちの子は」について、ご紹介を。

    「うちの子は」の作家は、21世紀フランス演劇界を代表する一人であるジョエル・ポムラ。本作「うちの子は」は、沢山の親子を取材し、その記録を元に戯曲化したそうです。取材を元にした戯曲でありながらも、固有名詞は極力排除されていて、平易な言葉で書かれています。そのためフランスの話でありながら、すんなり感情移入でき、世界共通の普遍的親子像が透けて見えてくる秀作戯曲です。

    この作品は「親子」にまつわる10のモチーフを、オムニバス形式で描いています。10の場面にでてくる登場人物は、子供から老人まで20を超えます。それをたった6人の役者で演じます。喜劇、悲劇、サスペンスと、バラエティ溢れる各シーンを、見事に演じ分ける俳優陣にもご注目ください。

    演出の松本祐子さんは、早口でどんどん俳優へ指示だしをしますが、その指示が的確かつ力強い。まさに座長という感じで、ぐいぐい稽古を引っ張っていきます。また、言葉を大事にする文学座の出身だけあり、セリフの音への感覚が非常に鋭敏で、セリフ演出が非常に具体的なのは特徴的でした。

    フランスへの予備知識が一切なくても理解できる作品ですので、海外戯曲に苦手意識のある人にこそ、おすすめです。









    海外戯曲リーディング特設ホームページはこちらから→
    ここをクリック!



      


  • 2017年02月03日

    「海外戯曲リーディング」佐川リポートその2

    佐川リポート二回目は、「リーディング」について。

    最近の演劇界ではリーディングが流行中。
    単純に言えば「台本を読むこと」なのですが、実は色々な演出方法で上演されています。

    例えば、読むときの姿勢は、椅子に座るのか?立って読むのか?
    「椅子」の場合、俳優さんの動きが制限される分、セリフへの意識が強くなります。
    一方、「立って読む」と、俳優さんの立ち居振る舞いがより見えてくるようになります。

    また、「ト書きをどう処理するか?」も、演出によって違います。
    ト書きを読むのか?ト書きを演技で見せるのか?それとも、他の処理を・・・?

    こう考えていくと、
    小道具は使うのか?
    照明は?
    音響は?
    衣装は?
    さらに、今回は簡単なものですが、各演目ごとの舞台美術もあります。

    観客の想像力を刺激するため、どのように選択していくか。
    現在、それぞれの稽古場では、これらの要素について、試行錯誤されています。
    総合演出として、各稽古場を見学している私は、「この座組はそう来るか?」と驚きの連続です。

    7人の異なる出自の演出家によって、様々な文化風土の、違う様式の戯曲がパフォーマンスされる。
    これだけリーディングに特化した大規模な企画は、世界でも類がないでしょう。
    手前みそながら、この「海外戯曲リーディング」は日本のリーディング上演の歴史の一ページになるのでは、と自負しています。
    ぜひとも、一つに拘らず複数作品をご覧になって、リーディングの奥深さに触れてみてください。

    写真は、1st Weekに上演される作品の稽古風景です。


    「うちの子は」(フランス) 作品詳細はこちら→クリック!


    「いつも同じ問題」(パレスチナ) 作品詳細はこちら→クリック!


    「ノームとアーメッド」(オーストラリア) 作品詳細はこちら→クリック!



    海外戯曲リーディング特設ホームページはこちらから→
    ここをクリック!



      


  • 2017年01月29日

    「海外戯曲リーディング」佐川リポートその1

    「海外戯曲リーディング」総合演出の佐川大輔です。
    これからたまに、私の視点でリポートをしていこうと思っています。

    さて、まもなく初日まで2週間になりますが、各作品の美術や衣装のプランも出そろってきました。私は総合演出という立場上、各稽古場を見学しております。稽古は各チームバラバラに行っていますが、その稽古に参加し、全体を客観視できる立場として感じることは、改めて「この企画は非常に面白いなー」ということ。

    というのも、「それぞれのチームが違う」からです。

    例えば、F/T(フェスティバルトーキョー)など、多くの国のカンパニーが集まる演劇祭は世界にも数多くあります。
    しかし、7か国の戯曲を、すべて「同じ言語でパフォーマンスする」という催しは世界的にも稀有でしょう。
    そこには、「文化や社会」、「人々の抱える問題」、「戯曲の様式」、「演出家の考えるリーディングへの考え」など、多くの比較対象があります。

    まさに「違いを味わう面白さ」です。

    単独の各演目を見ることも勿論面白いと思いますが、ぜひ複数作品をみることで、国や文化の違い、演出の違いを比べる見方がより楽しめるのではないかと。

    この「違いの面白さ」については、また機会があれば、またお話していきたいと思います。

    海外戯曲リーディング特設ホームページはこちらから→
    ここをクリック!




      


  • 2017年01月27日

    第5回せんがわピアノオーディション受賞コンサート 出演者インタビュー

    2/4(土)、5(日)開催のせんがわピアノオーディションの出演者の皆さんに、
    リハーサルでせんがわ劇場にお越しいただいた際にインタビューを実施し、メッセージを頂きました!

    「第5回せんがわピアノオーディション 受賞コンサート」
    平成29年2月4日(土)、5日(日)
    http://www.sengawa-gekijo.jp/kouen/16801.html

    --------------------------------------------------------------


    最優秀賞受賞 三重野奈緒さん




    1.今回のプログラムの選曲の理由・聴きどころを教えてください。

    プログラムの中で大きく二つ、ショパンのソナタの第2番とシューマンの謝肉祭をもってきたのですが、この二つの曲は大学に入りたての頃からずっと弾きたいなと思っていた曲です。

    ショパンのソナタ第2番「葬送ソナタ」は、やっぱり葬送って名付けられているとおり、全体を通して重々しい雰囲気があって、お墓の上を吹いている風や、弔いの鐘の音、天国の安らぎを描いているように感じます。そういった風景などを感じ取っていただけたらなと思っています。私の性格があんまりネガティブではないので、最初の頃はこの曲を弾くのも入り込みにくいものがあったのですが、この「葬送ソナタ」を尊敬しているピアニストの方が心にしみる演奏をされていて、私もいつかそのような演奏が出来たらいいなと思って、今回せっかくの機会なので挑戦してみようと思いました。

    シューマンの「謝肉祭」は、うってかわって、全体を通して明るい曲が多くて、私もスッと入り込みやすい曲です。長い曲ではあるのですが、色々な表情をみせてくれる曲なので、そういった部分を感じ取っていただけたらなと思っています。


    2.このオーディションを受けてみて、どうでしたか?

    いつもコンクールとかオーディションは、会場の雰囲気が・・・、審査員の先生方はそういった雰囲気をかもしだそうとはされていなくても、ちょっと怖いイメージがあるというか、圧迫感がある感じがあったのですが、今回のオーディションは本当に審査員の先生方や会場の皆さまが温かくてアットホームな雰囲気で、終わってからのインタビューもにこやかで。親しみのあるオーディションで、自分の想いを内に込めることなく、のびのびと演奏できました。




    3.これからどんなピアニストになりたいですか?

    難しいですけれど・・・やっぱりまず自分が一番音楽を楽しんでいて、そのことをお客様と共有できるピアニストでありたいなと思っています。自分が思うように弾けない時とか表現したいことが全然音になっていない時は、弾いていて自分も楽しくないし、きっとその楽しくないっていうのがお客様にも伝わって、つまらない演奏になってしまっていると思うので…。まず自分が音楽の素晴らしさを、楽譜から感じ取って、いいところをどんどん発見して、そのいいところを少しでもお伝えできるようになれたらなと思っています。


    ■2月4日(土)13:30開演 「三重野 奈緒 ピアノリサイタル」(最優秀賞受賞)


    --------------------------------------------------------------

    最優秀賞受賞 神谷悠生さん 




    1.今回のプログラムの選曲の理由・聴きどころを教えてください。

    今回は、「オールショパンプログラム」なんですが、単純にショパンが好きだっていうのが大きな要因としてありますし、あとは、ショパンのエッセンスがより伝わる曲をチョイスしました。
    特に「プレリュード」はいつか絶対弾きたいなと思っていた作品です。ひとつひとつが短いんですが、ショパンの24個の詩が連なっていて。逆に「ソナタ3番」は大きな作品ですが、ショパンが晩年、作曲の技法とか和声法とかをものすごく駆使して作られています。この二つは、ショパンの若い頃の才能あふれる作品と、晩年になって勉強をしっかりして自分はこういう作品を作るんだっていう自信にあふれた作品です。
    そして「マズルカ」はショパンの心だと思います。ポーランドを身近に感じられる。特にこの4曲は、「マズルカ」の中でもかなりいろんな民族的なリズム感をより感じられる作品なんじゃないかと思います。「新エチュード」は入れようかどうしようか迷ったんですが、素敵な作品で、和声的にもすごく素晴らしい作品なので、あまり演奏される機会ってのは多くないんですけど、どうしてもやりたいなって思ったので入れました。


    2.このオーディションを受けてみて、どうでしたか?

    コンクールの存在は知っていたんですけど、なんの予備知識もなく受けてみたらものすごくレベルが高くて、当日はびびった面もありました、、。ただ自分が勉強したこととか作品に対するアプローチの仕方とかを一流の先生方に評価していただける機会っていうのはやはり貴重なので、それで一定の評価をしていただいたこと、先生方に聴いていただけたことは非常に自分の今後の糧になったんじゃないかなと思います。
    また、リサイタルが出来るっていうのはすごく大きな魅力のひとつで、こうやって好きな作品を弾かせていただけるっていうのもすごく魅力的なので、やはり受けてみて良かったなと思います。




    3.これからどんなピアニストになりたいですか?

    そうですね。演奏家っていう括りに縛られず、作曲とか、指揮にも取り組んでみたいし、声楽の伴奏もやってみたいです。演奏家っていうよりは、ひとりの音楽家として生きていけたらなと思います。作品と対話できる、じっくり作品を取り組んでいけるような、そんな演奏家になりたいなと思っています。


    ■2月5日(日)13:30開演 「神谷 悠生 ピアノリサイタル」(最優秀賞受賞)



    --------------------------------------------------------------

    優秀賞受賞 白河俊平さん  



    1.今回のプログラムの選曲の理由・聴きどころを教えてください。

    バッハにちなんだ作品で、約一時間弱、ということをオーディションを受ける段階で決めていたので、問題は、バッハの曲の中から、どの曲を取り出して構成していくかということでした。今回は、バッハの曲でも普通にモダンピアノで弾くというところで、いろんな意味でピアニスティックにというか、ピアノという楽器の特徴や、奏者のキャラクター性が発揮されやすい曲を選んで、その中で順番を決めていきました。
    聴きどころというと、まず、2曲目に弾くのがG線上のアリアという有名な曲で、元々がオーケストラの曲なわけで、それを88個の鍵盤のピアノで、どれだけ神秘的なのか荘厳な響きを、僕がせんがわ劇場で作れるかというところ。あと、一見バッハを集めてるので地味なように感じるんですけれど、パルティータの2番は、バッハの6曲あるパルティータの中でも最も、と言っていいほどに技術的に難しい曲ですし、最後はかなり華やかに演奏するので、その点を楽しんで頂けたらいいのかなと思います。


    2.このオーディションを受けてみて、どうでしたか?

    今年、実は2回目だったんです。やっぱりオーディションなので、すごく緊張感はあるんですけれども、先生方があの舞台にすごく迎え入れてくださっているような、そういう温かさも感じつつ、また、お客さんとの距離も近く、すごく真剣で、本当にまさにここで演奏会をする人を選ぶためにオーディションをされてるんだなと、スタッフのみなさんとか先生方の熱気を感じました。




    3.これからどんなピアニストになりたいですか?
    個人的に勝手に考えてることなんですけれども、今、現代において重宝されるというか、需要があるピアニストはやっぱり色んなことが出来なきゃいけないと思っていて、ソロもそうだし、伴奏もそうだし、室内楽もそうだし。僕もそれは大学に入ってからもすごく意識していて、室内楽だったり合唱の伴奏だったり、アンサンブルの経験もさせいただいています。そういう点で、ピアノならではのソロはもちろん、アンサンブルでも臨機応変に周りの人の、共演者の音楽も感じながら自分の音楽も遺憾なく発揮できるピアニストになりたいなと思っています。


    ■2月4日(土)18:30開演 「白河 俊平×竹澤 勇人 ジョイントリサイタル」(優秀賞受賞)


    --------------------------------------------------------------

    優秀賞受賞 竹澤勇人さん  



    1.今回のプログラムの選曲の理由・聴きどころを教えてください。

    僕自身、ショパンという作曲家が、最も尊敬してる作曲家であり一番好きな作曲家なんですが、そのショパンの曲から、自分で言うのもなんですけれど(自分の)年齢が若いというのもあって、エチュードという作品を数曲並べて弾こうと思いました。ショパンは比較的若い時期に亡くなっていますけれど、彼の中期あたりに書かれたショパンの2番のソナタを並べています。2番のソナタは、子供のころから好きで、よく聴いていて憧れの曲で、ずっと大学に入ったら勉強しようと思っていた曲です。念願叶い、勉強して、すごく難しくて、何度も挫折を味わい、と、色々ありながら勉強してきた曲です。


    2.このオーディションを受けてみて、どうでしたか?

    これ以上ない素晴らしい企画だと思いました。というのは、終わった後に審査員の先生方と質疑応答があるって、そういう取り組みってやはりそんなにあるもんじゃなくって、ユニークというか。演奏だけじゃなくてその人間の中身を見るというか、そういう所がすごく素晴らしいなと思いました。僕の時は「一番好きな作曲家は?」って聞かれました(笑)はい、かなり違った緊張を味わいました。




    3.これからどんなピアニストになりたいですか?
    そうですね、単なるピアノ弾きとしてでなく、音楽家、本物の芸術家と呼ばれるような存在になりたいと思っています。そうやって社会に貢献できたらなという風に思っています。
    やっぱり日本では、ヨーロッパに比べるとクラシック音楽があまり普及してないので、そういう所も少しずつ、微々たるものですけれど僕の力で広げていけたらと思います。本当にクラシック音楽は素晴らしいと思うので、この素晴らしさを世の中に少しでもまたもっと広く知らしめて行けたらと思っています。


    ■2月4日(土)18:30開演 「白河 俊平×竹澤 勇人 ジョイントリサイタル」(優秀賞受賞)


    --------------------------------------------------------------

    皆さん、ありがとうございました!

    2月4日(土)、5日(日) 彼ら、彼女たちの演奏をぜひ目の前で体験ください!
    公演情報はこちら http://www.sengawa-gekijo.jp/kouen/16801.html
      


  • Posted by せんがわ劇場 at 15:28Comments(0)音楽ピアノオーディション

    2016年12月23日

    サンデー・マティネ・コンサートVol.169 <コントラバス・クインテット> 終演後インタビュー

    今回は「弦楽五重奏」ではありますが、弦楽器の中では最も低音域で、一般的にはベースラインを奏でることの多いコントラバスばかりが5台集まった、コントラバス・クインテット(五重奏)。大変珍しいコンサートをお楽しみいただきました。
    結成して初めてのコンサートだったという、DBB コントラバスクインテットのみなさんのうち、瀬戸槙之介さん、森田麻友美さん、牛島みずきさんにお話を伺いました。(下川朗さん、安田文さんのお二人は、次の予定が迫っているということで、残念ながら欠席)


    記念写真は全員で!左から森田麻友美さん、下川朗さん、牛島みずきさん、瀬戸槙之介さん、安田文さん

    ―お疲れさまでした!まずはひとことずつコンサートの感想をお願いできますか?

    牛島 楽しかった、としか言えないくらい楽しかったです。私たちは、ふだんはクラシックのコンサートがとても多くて、「真面目」という言い方は正しくないと思いますが、きちんと音楽を聴く! みたいな感じの演奏会が多いんです。
    今回は、もちろん演奏を聴いていただくのが一番大事なんですが、視覚的にも、コントラバスが5台並ぶことは、やっぱりなかなかないですよね。出演の機会をくださった合田先生にも感謝ですし、メンバーにも感謝です。
    弾いてる時は、むちゃくちゃに緊張していて、お酒飲まないとやっていけないわというくらいドキドキしてたんですけど、とても楽しかったです。緊張より楽しさが勝っていましたね。



    舞台袖にコントラバスが並ぶと、いつもよりも狭く感じますね。

    瀬戸 牛島さんがだいたい話してくれましたね(笑)。お客さまが皆さん温かいコンサートで、とてもやりやすかったです。本当に楽しかったです。

    森田 この5人でちゃんとした演奏会をやるのは、実は初めてだったんです。音程も聞きづらいし、世間的にどう受け入れてくれるかなと思っていましたけど、お客さまが温かく受け止めてくださいました。
    サンデー・マティネ・コンサートは、ポップなというか、肩に力を入れずに聴けるというコンセプトのコンサートだったので、こちらも固まらずにいられました。クラシックだとけっこう固まっちゃうんですけど、久しぶりに、音楽は楽しいなって思っちゃったくらいです。


      続きを読む


  • 2016年11月24日

    サンデー・マティネ・コンサートVol.168 <箏アンサンブルの世界> 終演後インタビュー

    お筝というと、何を思い浮かべますか?古典、お正月に聞くあのメロディー、着物姿・・・果ては金田一耕助の映画とか朝ドラとか・・・???ともかく、邦楽の伝統楽器というイメージをお持ちの方が圧倒的ではないでしょうか。今回お聴きいただいた二十五絃筝は、今年で25周年という新しい楽器でもあります。懐かしい音色でありながら、古典的な十三絃の箏とはまた違う、現代的な魅力をお楽しみいただきました。終演後、出演の花岡 操聖さん、吉葉 景子さん、金子 展寛さんにお話を伺いました。


    ―お疲れさまでした!金子さんは、以前2014年11月のサンデー・マティネ・コンサートvol.133<未来のホープ>にご出演いただきましたね。花岡さんと吉葉さんは、初めてのご出演ですね?

    花岡 私は、たぶん二度目かと思います。一回出た記憶がありますね。

    ―それは失礼しました。今のお名前では記録されていなかったのですが、サンデー・マティネ・コンサートではこれまでも何度か箏を取り上げて、桐朋の学生さんに出ていただいたことがあります。その関係でしょうか?

    花岡 そうです、たぶん。学生時代だと思います。

    ―吉葉さんの所属なさっている4Plusには、2011年8月に出ていただいていますが、その頃は吉葉さんは・・・

    吉葉 加入前でしたので、サンデー・マティネは初めてですが、4Plus(のコンサート)では毎回使わせていただいていてホールはよくわかっていますし、すごく弾きやすかったです。お客さまが温かくて、終わったらすぐ拍手してくださるし、とても地域に根付いているコンサートなんだなと思いました。

    金子 以前出させていただいて、その後、小学校むけの地域開放プログラムにも出演したので、3回ここの舞台を踏ませていただいています。それぞれ全然違うんですけれども、今回のお客さまもとても温かくて、好奇心というか「おもしろそう」という感じが伝わってきて、こちらもそれに応答するといいますか、すごく楽しかったです。


    左から、吉葉 景子さん、花岡 操聖さん、金子 展寛さん

      続きを読む


  • 2016年11月19日

    海外戯曲リーディング フリンジ企画  ちょっと変わった朗読会「ニャアドックvol.4」レポート

    次世代芸術家グループの櫻井拓見です。
    海外戯曲リーディング フリンジ企画「ニャアドック」の進行をつとめさせていただいています。

    -------

    ちょっと変わった朗読会「ニャアドックvol.4」レポート
    11/15(火)18:30~21:00開催@調布市・東部公民館 和室

    今回の参加者は5名。
    調布市のフリーペーパー「182ch」や市報をご覧になった方などがいらっしゃいました。全四回のニャアドック、来場コンプリートの方も!
    少ない人数ではありましたが、その分、一人一人にたっぷり時間がとれて濃密な時間となりました。

    毎回恒例となっているお菓子は「にんじんケーキとアップルパイ」!お茶と一緒に食べながらのまったりした進行はいつもと変わらずです。

    今回も、前半は「自分で持ってきたものを自分が読む時間」、後半は「持ってきたものを誰かに読んでもらう時間」の二部構成ですすみました。


      続きを読む