たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2018年07月08日

演劇コンクール・稽古場情報!!! 【コトリ会議】

ただいまコンクールに向けて絶賛稽古中!の、第9回せんがわ劇場演劇コンクール出場団体の皆さんにアンケートをお願いしました。コンクールの先輩でもある運営スタッフ(次世代芸術家グループ)からのスペシャルクエスチョンも加えた全7問、どんな答えが返ってきたのでしょうか?
全6団体、順不同でお届けします。

今回は、桒原秀一さんから、代表の要小飴さんへの質問です。どうぞご覧ください!




「劇団の成り立ち」を教えてください。


2007年4月今はいない人達と山本正典がバラバラの出自ながらちゃんと演劇活動をするために結成。旗揚げ公演は既製台本だったが、2回目以降は主に山本が作・演出を務めることになりました。

活動について聞かせてください。


2010年にシアトリカル應典院演劇祭「space×drama2010」優秀劇団に選ばれて、順調にスターダムに登るかと思いきや元来の性質からか比較的ひっそりと活動してました。
2011年に上演した『桃の花を飾る』が翌年、震災後の仙台で地元の若手演劇人によって上演されることになりました。それでもそんなに話題にはならないのですが、色々な短編イベントなどには呼ばれて知り合った宮城と愛知の3劇団協働で5都市を巡る「対ゲキツアー」に参加しました。
このツアーが話題を読んで単独での初めてのツアー公演をいきなり5カ所をまわることになりました。最近はツアーか劇場空間外での活動が主になってきました。


せんがわ劇場演劇コンクール参加の動機はなんですか?


せんがわ劇場は地元に根ざしながらも広く門戸が開かれていることが公共施設として魅力的に思っていました。
コトリ会議は自分たちでも最新鋭のアートでもなく、エンターテインメントに特化していない中庸な作品だと思っていますが、戯曲に書かれる詩的でテンポやリズムを基軸に作品をつくっています。また、内容としては森羅万象の命を優しく見つめる一方で、重くなく飄々と楽しめるものです。
せんがわ劇場演劇コンクールでは、この創作方法がどれほど価値があるかを、まだコトリ会議を観たことのない市民審査員の方や、バラエティに富んだジャンルの専門審査員の方に観ていただきあらゆる視点から評される機会を得られればと思い、参加しました。


今回上演する作品の見どころは?


目新しいことは何もない語りつくされてきた地球滅亡の可能性の一つを取り上げて、目新しいことは何もない大切な人と過ごす時間の大切なひとときを大切に思いながら、大切に上演したいと思います。


コンクール後の展望をお聞かせください。


今年は9月に神戸アートビレッジセンターにてイベントに参加、11月には伊丹市立演劇ホールAI・HALLの企画「現代演劇レトロスペクティヴ」に参加します。
2018年に公演をした3都市と、これからの仙川、神戸、伊丹と各地域にちょっとずつ根ざし、その場でつくれるもの、その場で会える人との繋がりで作品をつくってみたいと思っています。




スペシャルクエスチョン・桒原からの質問(1)
「今回の作品を創作するに至ったきっかけはなんですか?」


地球が滅ぶくらいでないと、大切な人のありがたみがわからないと思ったからです。


スペシャルクエスチョン・桒原からの質問(2)
「最後にPRを自由にお願いします!」



今まで作品を披露してきた劇場で、一番大きなところです。
なるだけ声を張ってみますが、観劇してくださる皆さんのやわらかな耳たぶが私たちの命綱です。よろしくお願いします。


【感想】
言葉の端々にワクワクしてしまうと言いますか。果たしてどのような感覚を持っている集団なのか?とても気になっております。例えば、Q6の回答にある『地球が滅ぶぐらいでないと、大切な人のありがたみがわからない』こういう言葉の持っている心を、皆さんと共に感じていきたいと思います。

( せんがわ劇場演劇コンクール運営スタッフ・桒原秀一)


第9回 せんがわ劇場 演劇コンクール
7/14(土) 13:30
コトリ会議 『チラ美のスカート』
詳しくはこちらのページ→ここをクリック!

  


  • Posted by せんがわ劇場 at 12:00Comments(0)演劇演劇コンクール

    2018年07月07日

    演劇コンクール・稽古場情報!!! 【パンチェッタ】

    ただいまコンクールに向けて絶賛稽古中!の、第9回せんがわ劇場演劇コンクール出場団体の皆さんにアンケートをお願いしました。コンクールの先輩でもある運営スタッフ(次世代芸術家グループ)からのスペシャルクエスチョンも加えた全7問、どんな答えが返ってきたのでしょうか?
    全6団体、順不同でお届けします。

    今回は、櫻井拓見さんから、パンチェッタ代表・演出の一宮周平さんへの質問です。どうぞご覧ください!




    「劇団の成り立ち」を教えてください。

    一宮
    一宮周平が自分の作品を発表したく始動。当時のメンバーが集まった際にいた、ファミリーレストラン(サイゼリヤ)のメニューより命名。


    これまでの活動について聞かせてください。

    一宮
    下北沢周辺にて年1~2回程度新作を発表。昨年一年間は隔週にてワークショップを開催(現在はお休み中)。


    せんがわ劇場演劇コンクール参加の動機はなんですか?

    一宮
    仙川の地で、出会ったことのないお客様と作品との新たな出会いを期待して。また、企画意図にある地域への活動に興味を持って。


    今回上演する作品の見どころは?

    一宮
    帰り際にふとパセリのことを想っていただけたら幸いです。パセリは美味しいと思います。


    コンクール後の展望をお聞かせください。

    一宮
    このコンクール次第です。本番を通して出会ったお客様やスタッフの方々とまたお会い出来るように新しい作品を生み出していけたら。



    スペシャルクエスチョン・櫻井からの質問(1)
    「影響を受けた演出家、カンパニー、アーティストがいれば教えてください。」


    一宮
    日々出会うすべての方々から刺激を受けています。人って、とても面白いと思います。


    スペシャルクエスチョン・櫻井からの質問(2)
    「稽古中に必ずやることや、稽古でこだわっていることがあれば教えてください。」


    一宮
    ゆっくり歩く。三点倒立。


    【感想】
    三点倒立、いいですねえ。淡々とした回答ながら、どこかしら抜け目の無い、鋭い視線を持っているように思える代表・演出の一宮さん。実は並々ならぬこだわりと探究心を持った方とお見受けしました。どのような作品で勝負に出られるのか、たのしみです!


    ( せんがわ劇場演劇コンクール運営スタッフ・櫻井拓見)


    第9回 せんがわ劇場 演劇コンクール
    7/15(日) 15:00
    パンチェッタ 『Parsley』
    詳しくはこちらのページ→ここをクリック!

      


  • Posted by せんがわ劇場 at 12:00Comments(0)演劇演劇コンクール

    2018年07月07日

    【重要なお知らせ】第9回せんがわ劇場演劇コンクール入場券最終予約!



    全席終了となっておりました「第9回せんがわ劇場演劇コンクール」ですが、制作で確保していた席、
    キャンセルで戻った席などをまとめて、最終予約を行います。

    ゆうめい、N2/エヌツーの2団体は10席以上お出しできるほか、全団体ご用意できることになりました。

    下記をお読みになり、ぜひご予約ください!

    ●最終予約開始 7月10日(火) 15:00~
     せんがわ劇場 ホームページ・窓口・電話
     http://www.sengawa-gekijo.jp/ticket.html 

    ●ホームページ・お電話でのご予約は、すべて当日、受付でのお渡しとなります。

    ●車椅子優先席も一般席として解放いたします。ただし、この席をご予約のお客さまは、当日、車椅子の方等がご来場の際、
    お席を移動していただくことがございます。

    ●当日開演15分前までに入場券のお引き取りがない場合は、当日券に回す可能性がございます。

    以上の注意点をあらかじめご了承のうえ、ご利用下さいますようお願いいたします。
    皆さまのご来場をお待ちしております!

    当日券は、今回の最終予約での残席、キャンセルなどの枚数によるため、現在のところ未定です。
      


  • Posted by せんがわ劇場 at 10:00Comments(0)演劇演劇コンクール

    2018年07月06日

    演劇コンクール・稽古場情報!!! 【すこやかクラブ】

    ただいまコンクールに向けて絶賛稽古中!の、第9回せんがわ劇場演劇コンクール出場団体の皆さんにアンケートをお願いしました。コンクールの先輩でもある運営スタッフ(次世代芸術家グループ)からのスペシャルクエスチョンも加えた全7問、どんな答えが返ってきたのでしょうか?
    全6団体、順不同でお届けします。

    今回は、桒原秀一さんから、すこやかクラブの主宰・演出家のうえもとしほさん、俳優・石原夏実さんへの質問です。どうぞご覧ください!




    「劇団の成り立ち」を教えてください。

    うえもと
    作品をつくり始めたてのころはよく、中野区の地域センターで稽古していました。
    地域センターを使用するために団体登録するときに「あたりさわりなく、あやしまれない名前にしよう」とおもい、すこやかクラブと名付けました。
    少したって、とある劇場で作品を発表することになったとき、ユニット名をつける必要にかられました。
    出演者の一人が、「すこやかクラブでいいんじゃない?」といいました。
    それから、すこやかクラブはすこやかクラブと名のるようになりました。


    活動について聞かせてください。

    石原
    立川にある文化創造拠点「たちかわ創造舎」を製作の拠点として、劇場公演以外の活動も精力的におこなっています。
    そのうちのひとつ、「真夏のたちかわ怪奇クラブ」は、小学校の旧校舎である「たちかわ創造舎」を活かした体験型演劇イベントです。真夏の学校に、ゾンビとか、甲子園球児とか、キレイな保健室の先生まで現れて、歌ったり踊ったり暴れたりします。そのうえ、最後は校舎の屋上でお客さんも一緒にオリジナル盆踊りを踊って、天気がよければ昭和記念公園の花火大会を鑑賞できる!という、なんともカオティックで新しい場づくりをしています。地元の方にも遠方の方にも愛される夏の風物詩になるべく、これからも続けてゆくつもりです。


    せんがわ劇場演劇コンクール参加の動機はなんですか?

    石原
    実は、すこやかクラブとして活動し始めた当初、第2回せんがわ劇場演劇コンクールに出場させてもらったことがあります。それ以来、何度か応募したのですが、今回やっとファイナリストに選んでいただけて、すごーく嬉しい気持ちでいます。
    第2回当時からは、わたしたちも、そして、コンクール自体も大きく様変わりしています。なかでも、地域と劇場を結ぶ活動に重きを置く姿勢が、お互いに共鳴しているなあと感じています。
    そういった点でも、グランプリを取りたい!という意欲が以前にも増していたタイミングでの応募となりました。

    今回上演する作品の見どころは?

    石原
    演出家・うえもとしほの作品世界や人生観の根本にある、「郷愁」の感覚をテーマにした作品です。
    もう戻れないあのときと、まだ見たことのない未来、いつだって私たちはその真ん中で、希望を抱いたり落胆したりを繰り返しながら生きている。
    そんな様を、演劇やダンスという枠を飛び越えて、出演者たちの身体ひとつで描くところに注目してほしいです。
    出演者たちがつくりあげる、力強いエネルギーの渦に、どうぞ巻き込まれてください。


    コンクール後の展望をお聞かせください。

    石原
    年内の予定としては、7月27日(金)・28日(土)に、先述の「真夏のたちかわ怪奇クラブ2018」を開催します。また11月末には、八王子にある禅東院というお寺で、音楽グループの馬喰町バンドとともに創作する新作を上演します。
    来年以降も、新作を発表しつつ、過去に上演した作品をもっとたくさんの方々に見てもらうための再演、そしてそれを発信する場づくりをおこなっていきます。
    わたしたちのように、演劇なの?ダンスなの?と、取っつきにくい作風であっても、えいやっ、と飛び込んで見てもらえるように。そして、参加すれば、もっと面白いですよ!と言えるような仕掛けを、国内外問わず、いろんな場所で展開してゆきたいです。




    スペシャルクエスチョン・桒原からの質問(1)
    「今回の作品を創作するに至ったきっかけはなんですか?」


    うえもと
    わたしは童話作家のミヒャエル・エンデが大好きです。
    今回の作品は、去年の5月につくったのですが、おなじ時期に、エンデの自伝やエッセイ、対話集を読み漁っていました。
    エンデが創作のうえでなにを大切にしていたのか、人生をどんな風にとらえていたのかを知るうちに、わたしの人生にとって核となる感覚はなんなのだろう。と思うようになりました。
    それと向き合うことで、できた作品です。
    なので、きっかけはミヒャエル・エンデです。


    スペシャルクエスチョン・桒原からの質問(2)
    「最後にPRを自由にお願いします!」


    うえもと
    あなたの心の琴線をすこやかクラブがかなでたい。
    すこしでもすこやかクラブの作品が心の琴線に触れたあなたと、すえながくお付き合いしていきたいです。
    よろしくお願いいたします。


    【感想】
    実際にやり取りをさせていただいて感じることは、どこかとてつもない優しさとか温かさのようなものが周りで渦巻いているように思えました。
    心の琴線に触れていく事に身一つで挑戦される『すこやかクラブ』
    作り出される世界観に、お客様と共に巻き込まれてみたいと思います。

    ( せんがわ劇場演劇コンクール運営スタッフ・桒原秀一)


    第9回 せんがわ劇場 演劇コンクール
    7/15(日) 13:30
    すこやかクラブ 『遠くへいきたい』
    詳しくはこちらのページ→ここをクリック!




      


  • Posted by せんがわ劇場 at 15:35Comments(0)演劇演劇コンクール

    2018年06月25日

    サンデー・マティネ・コンサートvol.198 クラシックギターコンサート



    クラシックギターがメインでサンマチに登場するのは久しぶりのこと。
    今回はソロで、山田岳さん(ギター)の演奏をたっぷりとお楽しみいただきました。

    今日のプログラムはスペインの曲を中心としたセレクトで、穏やかで心を癒すような音色の奥に、
    情熱が秘められている、というのでしょうか・・・
    静と動が同時に存在しているような、すばらしい演奏でした。
    ギターの音量というのは決して大きくありませんが、山田さんの繊細な演奏に、
    お客さまも息を凝らしぐっと集中して、入り込んでいた様子でした。

    途中でちょっとお邪魔した、恒例の仙川トークでは「広島出身の私も美味しいと思います」と、
    劇場近くの「まや徳」をあげてくださいました。

    終演後、山田さんに感想を伺いました。どうぞご覧ください!


    公演詳細ページはこちらからどうぞ→ここをクリック






      


  • 2018年06月24日

    せんがわ劇場ニュース(6月20日号)

    今月は「第9回せんがわ劇場演劇コンクール」のご紹介です!

    毎回恒例、ファイナリスト6団体からのメッセージビデオあり、また、前回コンクールでグランプリを受賞し、今回は運営スタッフとしてコンクールに参加している、スペースノットブランクの中澤陽さんにゲストでご出演いただいています。
    ぜひご覧ください。

      


  • Posted by せんがわ劇場 at 15:00Comments(0)演劇演劇コンクール

    2018年06月23日

    JAZZ ARTせんがわ2018の特設サイトができました!



    出演者・プログラムの第2弾も発表、全貌が明らかになってきました。
    今年も、何が起こるかわからない、期待のラインナップです!

    特設サイトへはこちらからどうぞ→ここをクリック

    ★6/23(土)10時よりチケット発売開始

      


  • Posted by せんがわ劇場 at 11:00Comments(0)音楽

    2018年06月13日

    ファミリー音楽プログラムvol.21 「子どものための演奏会入門コンサート」


    毎年恒例の「子どものための演奏会入門」、演奏会のマナーや楽しみ方をわかりやすくレクチャーする第1部と
    、学んだことを、実際の演奏会を聴きながら体験する第2部、という2部構成になっています。
    あいにくの雨でしたが、たくさんのファミリーが来場しました!

    2部の演奏会は、ショートバージョンながら、開幕ベルからアンコールまで、しっかり構成されたものです。
    みなさん、1部で教わった通り、拍手のタイミングもばっちり!
    最後の質問コーナーでも、たくさんの手が上がりました。

    せんがわ劇場では、小さいお子さんから入場できる、サンデー・マティネ・コンサートを定期的に開催しています。
    ぜひ、コンサートデビューして、もっともっと音楽を身近に楽しんでくださいね!

    終了後に、第1部でレクチャーして下さった、せんがわ劇場音楽コーディネーターの合田香先生と、第2部で演奏して下さった廣田 真理衣さん(ヴァイオリン)、三上 結衣さん(ピアノ)にお話を伺いましたので、ご覧ください!

    公演詳細ページはこちらからどうぞ→ここをクリック  


  • Posted by せんがわ劇場 at 11:00Comments(0)音楽ファミリー

    2018年06月12日

    サンデー・マティネ・コンサートvol.197<未来のホープコンサートvol.22>

    学生ながら、すでにコンサートにも多数出演、活躍中の水野優也さ(チェロ)と、第5回せんがわピアノオーディションで優秀賞を獲得、当劇場でハーフリサイタルを開いていただいた竹澤勇人さん(ピアノ)のご出演でした!

    今回のプログラム後半、ベートーヴェン、チェロソナタ 第3 番 イ長調 作品69は、20分以上の大曲です!
    コンサート時間の約半分を占める楽曲でしたが、重厚かつのびのびとした演奏で、お客さまを魅了しました。
    アンコール曲のフォーレ「パピヨン」は、一転して技巧的な曲で、幅の広さを見せてくださいました。

    サンマチ恒例の「仙川トーク」では、水野さんが「焼肉ぎゅうぎゅう」、竹澤さんが「レキューム・ド・ジュール」を、よく行くお店として紹介。人気店をしっかり押さえていますね。


    終演後の写真です!
    左はピアノの竹澤 勇人さん、右はチェロの水野 優也さんです。


    演奏では実に堂々とした雰囲気のお二人でしたが、終演後のインタビューはちょっと苦戦。Take3でOKとなった映像です。どうぞご覧ください!




    公演詳細ページはこちらからどうぞ→ここをクリック  


  • 2018年06月12日

    第7回せんがわピアノオーディション



    6月1日より募集開始しています!(7月10日必着)
    オーディションは8月26日(日)です。
    受賞者は、2月に受賞リサイタルを開催。
    皆さまのご応募お待ちしております♪

    募集要項はこちらをご覧ください→ここをクリック
      


  • Posted by せんがわ劇場 at 11:12Comments(0)音楽