たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2018年05月01日

スペースノットブランク 「ラブ・ダイアローグ・ナウ/ネイティブ」稽古場観覧レポート!

次世代芸術家・企画運営部の桒原秀一です。
せんがわ劇場では、昨年の第8回せんがわ劇場演劇コンクールで「グランプリ」を受賞した、スペースノットブランクの受賞公演が、もうまもなく、5月10日から行われます。

今回、『ラブ・ダイアローグ・ナウ/ネイティブ』という2作品の上演となり、その稽古場にお邪魔させていただきました。
この記事では、各作品の公演の見所を伝えていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

前回、コンクールファイナリストの稽古場レポでお邪魔させていただいた際も感じたことで、スペースノットブランクの稽古場には独特の雰囲気があり、かなり自由に創作がなされています。
しかし、その中に繊細な世界は確かに渦巻いていて、心地よい集中力を演者と演出が共有している。その雰囲気は、紛れもなく小野彩加氏と中澤陽氏により創り上げられています。(続く)







『ラブ・ダイアローグ・ナウ』
今回も新しい「出会い」を表現されていました。
戯曲も演出も変更され、演出の中澤氏曰く今回は小道具は使わないとの事。
戯曲への評価、演出への評価を含めて世界観そのものへの評価が高かったコンクール作品を次はどの段階まで進めていくのか・・・。
演者とお客様とが「出会う」「瞬間」を楽しみにしたいと思います。

「グランプリ」を受賞した第8回せんがわ劇場演劇コンクール時の作品『ラブ・ダイアローグ・ナウ』専門審査員の講評は下のリンクをクリック!







『ネイティブ』
コンクール受賞作品とはまた違う空気感で上演をする『ネイティブ』
観客と演者との「距離感」が重要視されているように感じました。
観る側もその感性を大きく揺さぶられるような内容で、世の中の仕組みと、今の自分を考えた時に「共感」するのではないでしょうか。

スペースノットブランクの舞台は、そこに対峙してみた人でないと分かりません。
1人、1人の対峙の仕方が違うからこそ、そこで動いた何かはその人しか知り得ないものかと思います。
よろしければ、2作品両方のご観劇をお勧めします。ぜひ、せんがわ劇場まで。


スペースノットブランク 「ラブ・ダイアローグ・ナウ/ネイティブ」
第8回せんがわ劇場演劇コンクール・グランプリ受賞公演公演詳細→ここをクリック!




  • 同じカテゴリー(演劇)の記事画像
    くちびるの会  「逃げぬれて、夜」  稽古場観覧レポート!
    TA(ティーチンクアーティスト)養成プログラム
    第8回せんがわ劇場演劇コンクール 専門審査員・アドバイザー講評(6)「くちびるの会」
    第8回せんがわ劇場演劇コンクール 専門審査員・アドバイザー講評(5)「Spacenotblank」
    第8回せんがわ劇場演劇コンクール 専門審査員・アドバイザー講評(4)「劇団名HOLIDAYS」
    第8回せんがわ劇場演劇コンクール 専門審査員・アドバイザー講評(3)「Pityman」
    同じカテゴリー(演劇)の記事
     くちびるの会 「逃げぬれて、夜」 稽古場観覧レポート! (2018-04-02 11:13)
     TA(ティーチンクアーティスト)養成プログラム (2018-02-27 12:53)
     第8回せんがわ劇場演劇コンクール 専門審査員・アドバイザー講評(6)「くちびるの会」 (2017-10-05 21:13)
     第8回せんがわ劇場演劇コンクール 専門審査員・アドバイザー講評(5)「Spacenotblank」 (2017-10-05 21:12)
     第8回せんがわ劇場演劇コンクール 専門審査員・アドバイザー講評(4)「劇団名HOLIDAYS」 (2017-10-05 21:11)
     第8回せんがわ劇場演劇コンクール 専門審査員・アドバイザー講評(3)「Pityman」 (2017-10-05 21:11)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    スペースノットブランク 「ラブ・ダイアローグ・ナウ/ネイティブ」稽古場観覧レポート!
      コメント(0)