たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2018年05月22日

サンデー・マティネ・コンサートvol.196<スタンダードジャズを聴く>

SMC196


JAZZ ARTせんがわのプロデューサーとして、せんがわ劇場とは長いお付き合いの藤原清登さん(ダブルベース)と、せんがわ劇場初登場の今村真一朗 さん(ピアノ)のデュオによるスタンダードジャズをお楽しみいただきました!

スタンダードとして知られている曲も、もとはシャンソンであったり、ミュージカルソングであったりしますが、今回は、懐かしのニューミュージック(この言葉がわかる年齢ってありますよね……)久保田早紀「異邦人」、グラムロックバンドのT・Rex「20世紀少年」なども交えたプログラム。
あらゆる曲を、自分たちのJAZZの世界に染めていくお二人です。

最初は少しお行儀いい感じで聴いていたお客さまも、時間が進むにつれ、ソロ演奏の後に拍手が出たり、どんどん熱気が高まっていきました。

外は真っ青な空の日曜の朝でしたが、劇場内は大人の夜の世界……と思いきや、お子さんのアンケートでも、とても楽しかった!すごかった!という感想で、かっこいい演奏というのは、ちゃんと伝わるのだなと思いました。


終演後のインタビューもご覧ください!





サンデー・マティネ・コンサートvol.196公演情報はこちらから!  


  • 2018年05月06日

    サンデー・マティネ・コンサートvol.195 <童謡100 周年・いま聴きたい童謡の名曲たち>

    GWの最終日、初夏のような陽気の中、今シーズン2回目のサンマチです。

    1918(大正7)年、児童雑誌「赤い鳥」で童謡という言葉が生まれて今年で100 年。
    現代まで歌い継がれてきた童謡の数々を、曲にまつわるエピソードなども交えてお贈りしました。


    写真の左から、鈴木 沙久良さん(ソプラノ、松井 康司さん(バリトン)、東井 美佳さん(ピアノ)、北澤 幸さん(メゾ・ソプラノ)。

    皆さんが持っていらっしゃるのは、当時の童謡の楽譜です。松井先生の所蔵品を、今回のコンサートのためにお持ちくださいました。
    なんと「浜辺の歌」の楽譜は初版のものだそうです!

    古くは大正時代に発行されたもので、中には、竹久夢二が表紙がを担当した貴重品も。
    演奏のための実用品というより、美術品のようです。うっとり。








    終演後、お客さまにもゆっくりご覧いただきました。

    終演後のインタビューです。どうぞご覧ください!



    サンデー・マティネ・コンサートvol.195公演情報はこちらから!


      


  • 2018年05月06日

    サンデー・マティネ・コンサートvol.194 <春のスタートコンサート 金管五重奏>

    せんがわ劇場10周年イヤーの幕開け、春のスタートコンサート~金管五重奏をお届けしました。


    前列左から、矢野緋奈子さん(トランペット)、松元彩さん(トロンボーン)、藤野千鶴さん(ホルン)、後列左から、中島巧乃介さん(トランペット)、石坂浩毅さん(チューバ)。

    10時から駅前で、新シーズンスタートのファンファーレを演奏する予定でしたが、あいにくの雨模様で中止になってしまいました・・・残念。
    が、本編のサンマチは、満席のお客様と共に、金管の華やかな調べを楽しみました!

    本格的なクラシック曲が並んだプログラムののラストは、ジブリのメドレー。たくさん来場していた子どもたちの中から歌声も聞こえたりと、温かく楽しいフィナーレになりました。

    仙川ゆかりの出演者に、お気に入りのランチ場所を聞く恒例の仙川トークでは、ローカルインディア、おむすびのてしま、なみはな、仙川次郎、とんかつ一富士、豚風など、やはり平均年齢が若いせいか、しっかり食べられるお店が人気のようでしたね。

    終演後、出演の皆さんから、一言コメントをいただきました。
    順番に、矢野緋奈子さん、中島巧乃介さん、石坂浩毅さん、松元彩さん、藤野千鶴さんです♪どうぞご覧ください。



    サンデー・マティネ・コンサートvol.194 <春のスタートコンサート 金管五重奏>の公演詳細はこちらから

      


  • 2018年05月01日

    スペースノットブランク 「ラブ・ダイアローグ・ナウ/ネイティブ」稽古場観覧レポート!

    次世代芸術家・企画運営部の桒原秀一です。
    せんがわ劇場では、昨年の第8回せんがわ劇場演劇コンクールで「グランプリ」を受賞した、スペースノットブランクの受賞公演が、もうまもなく、5月10日から行われます。

    今回、『ラブ・ダイアローグ・ナウ/ネイティブ』という2作品の上演となり、その稽古場にお邪魔させていただきました。
    この記事では、各作品の公演の見所を伝えていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

    前回、コンクールファイナリストの稽古場レポでお邪魔させていただいた際も感じたことで、スペースノットブランクの稽古場には独特の雰囲気があり、かなり自由に創作がなされています。
    しかし、その中に繊細な世界は確かに渦巻いていて、心地よい集中力を演者と演出が共有している。その雰囲気は、紛れもなく小野彩加氏と中澤陽氏により創り上げられています。(続く)



      続きを読む


  • Posted by せんがわ劇場 at 18:17Comments(0)演劇演劇コンクール