たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2017年02月12日

「海外戯曲リーディング」佐川リポートその6

佐川リポートその6は、いよいよ2nd Weekの作品紹介に移ります。
まずはプログラムDの名がついている、カナダの「アイスランド」

戯曲はカナダの新鋭、ニコラス・ビヨンの作。彼の作品は映画化もされていて、世界的にも今非常に注目されている一人です。
カナダといえば、「移民に寛容な国」と言われる多民族国家ですが、この戯曲に登場する3人も、それぞれ違う背景を持っています。

エストニアからの留学生のカサンドラ、パキスタン系の移民2世のハリム、カナダ人の敬虔なクリスティアンのアナ。
この3人のモノローグで展開する珍しい形式の戯曲です。

あるアパートの一室に血まみれで倒れている男。なぜこの事件が起こったのか。3人はどうしてこの事件に巻き込まれたのか?
それぞれの独白が絡み合い、事件の全貌が明らかになっていく様は、芥川の名作「藪の中」が想起されます。
サスペンスな展開でありながら、その背景に現在の世界情勢が透けてみえてくる硬質な戯曲です。

演出は、演劇企画JOKOの菊池准さん。翻訳物の演出経験も豊富なベテラン演出家です。
リラックスした雰囲気で俳優に語り掛けていき、各自の個性を生かしながら、演出ポイントを絞っていくのは、ベテランの手腕。キャリア豊富ながら、リーディングは初演出らしいので、どのようにアプローチするかも注目です。

多文化主義の実験国家と言われるカナダは、グローバル化の先駆けといえるでしょう。カナダ発の演劇には、これからの日本が学ぶべきところが多くあるかもしれません。






海外戯曲リーディング特設ホームページはこちらから→
ここをクリック!