たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2018年07月06日

演劇コンクール・稽古場情報!!! 【すこやかクラブ】

ただいまコンクールに向けて絶賛稽古中!の、第9回せんがわ劇場演劇コンクール出場団体の皆さんにアンケートをお願いしました。コンクールの先輩でもある運営スタッフ(次世代芸術家グループ)からのスペシャルクエスチョンも加えた全7問、どんな答えが返ってきたのでしょうか?
全6団体、順不同でお届けします。

今回は、桒原秀一さんから、すこやかクラブの主宰・演出家のうえもとしほさん、俳優・石原夏実さんへの質問です。どうぞご覧ください!




「劇団の成り立ち」を教えてください。

うえもと
作品をつくり始めたてのころはよく、中野区の地域センターで稽古していました。
地域センターを使用するために団体登録するときに「あたりさわりなく、あやしまれない名前にしよう」とおもい、すこやかクラブと名付けました。
少したって、とある劇場で作品を発表することになったとき、ユニット名をつける必要にかられました。
出演者の一人が、「すこやかクラブでいいんじゃない?」といいました。
それから、すこやかクラブはすこやかクラブと名のるようになりました。


活動について聞かせてください。

石原
立川にある文化創造拠点「たちかわ創造舎」を製作の拠点として、劇場公演以外の活動も精力的におこなっています。
そのうちのひとつ、「真夏のたちかわ怪奇クラブ」は、小学校の旧校舎である「たちかわ創造舎」を活かした体験型演劇イベントです。真夏の学校に、ゾンビとか、甲子園球児とか、キレイな保健室の先生まで現れて、歌ったり踊ったり暴れたりします。そのうえ、最後は校舎の屋上でお客さんも一緒にオリジナル盆踊りを踊って、天気がよければ昭和記念公園の花火大会を鑑賞できる!という、なんともカオティックで新しい場づくりをしています。地元の方にも遠方の方にも愛される夏の風物詩になるべく、これからも続けてゆくつもりです。


せんがわ劇場演劇コンクール参加の動機はなんですか?

石原
実は、すこやかクラブとして活動し始めた当初、第2回せんがわ劇場演劇コンクールに出場させてもらったことがあります。それ以来、何度か応募したのですが、今回やっとファイナリストに選んでいただけて、すごーく嬉しい気持ちでいます。
第2回当時からは、わたしたちも、そして、コンクール自体も大きく様変わりしています。なかでも、地域と劇場を結ぶ活動に重きを置く姿勢が、お互いに共鳴しているなあと感じています。
そういった点でも、グランプリを取りたい!という意欲が以前にも増していたタイミングでの応募となりました。

今回上演する作品の見どころは?

石原
演出家・うえもとしほの作品世界や人生観の根本にある、「郷愁」の感覚をテーマにした作品です。
もう戻れないあのときと、まだ見たことのない未来、いつだって私たちはその真ん中で、希望を抱いたり落胆したりを繰り返しながら生きている。
そんな様を、演劇やダンスという枠を飛び越えて、出演者たちの身体ひとつで描くところに注目してほしいです。
出演者たちがつくりあげる、力強いエネルギーの渦に、どうぞ巻き込まれてください。


コンクール後の展望をお聞かせください。

石原
年内の予定としては、7月27日(金)・28日(土)に、先述の「真夏のたちかわ怪奇クラブ2018」を開催します。また11月末には、八王子にある禅東院というお寺で、音楽グループの馬喰町バンドとともに創作する新作を上演します。
来年以降も、新作を発表しつつ、過去に上演した作品をもっとたくさんの方々に見てもらうための再演、そしてそれを発信する場づくりをおこなっていきます。
わたしたちのように、演劇なの?ダンスなの?と、取っつきにくい作風であっても、えいやっ、と飛び込んで見てもらえるように。そして、参加すれば、もっと面白いですよ!と言えるような仕掛けを、国内外問わず、いろんな場所で展開してゆきたいです。




スペシャルクエスチョン・桒原からの質問(1)
「今回の作品を創作するに至ったきっかけはなんですか?」


うえもと
わたしは童話作家のミヒャエル・エンデが大好きです。
今回の作品は、去年の5月につくったのですが、おなじ時期に、エンデの自伝やエッセイ、対話集を読み漁っていました。
エンデが創作のうえでなにを大切にしていたのか、人生をどんな風にとらえていたのかを知るうちに、わたしの人生にとって核となる感覚はなんなのだろう。と思うようになりました。
それと向き合うことで、できた作品です。
なので、きっかけはミヒャエル・エンデです。


スペシャルクエスチョン・桒原からの質問(2)
「最後にPRを自由にお願いします!」


うえもと
あなたの心の琴線をすこやかクラブがかなでたい。
すこしでもすこやかクラブの作品が心の琴線に触れたあなたと、すえながくお付き合いしていきたいです。
よろしくお願いいたします。


【感想】
実際にやり取りをさせていただいて感じることは、どこかとてつもない優しさとか温かさのようなものが周りで渦巻いているように思えました。
心の琴線に触れていく事に身一つで挑戦される『すこやかクラブ』
作り出される世界観に、お客様と共に巻き込まれてみたいと思います。

( せんがわ劇場演劇コンクール運営スタッフ・桒原秀一)


第9回 せんがわ劇場 演劇コンクール
7/15(日) 13:30
すこやかクラブ 『遠くへいきたい』
詳しくはこちらのページ→ここをクリック!




  


  • Posted by せんがわ劇場 at 15:35Comments(0)演劇

    2018年06月24日

    せんがわ劇場ニュース(6月20日号)

    今月は「第9回せんがわ劇場演劇コンクール」のご紹介です!

    毎回恒例、ファイナリスト6団体からのメッセージビデオあり、また、前回コンクールでグランプリを受賞し、今回は運営スタッフとしてコンクールに参加している、スペースノットブランクの中澤陽さんにゲストでご出演いただいています。
    ぜひご覧ください。

      


  • Posted by せんがわ劇場 at 15:00Comments(0)演劇

    2018年05月23日

    第9回せんがわ劇場演劇コンクール




    ビジュアル発表!そして調布市民先行予約受付開始!

    6月1日(金)一般受付開始に先がけて、5月22日(火)10:00~調布市民先行受付を開始します!(在住・在勤・在学)
    調布市民の皆さま、ぜひご利用ください。

    <調布市民先行受付>
    5月22日(火)10:00~ 劇場窓口・HPにて受付(お電話での受付はございません)
    お一人様1枚まで、各ステージ限定15枚
    窓口でご住所を確認させていただきますので、ご用意をお願いします。

    7月14日(土)
    13:30 コトリ会議(大阪)
    15:00 ブルーエゴナク(福岡)
    16:30 ゆうめい(東京)
    7月15日(日)
    13:30 すこやかクラブ(東京)
    15:00 パンチェッタ(東京)
    16:30 N2/エヌツー(京都)
    ■全席指定・無料・要入場券
    ■上演時間40分
    ■表彰式観覧の事前予約はございません。当日入場整理券を配布します。

    公演詳細ページはこちらからどうぞ→ここをクリック
      


  • Posted by せんがわ劇場 at 11:00Comments(0)演劇

    2018年05月01日

    スペースノットブランク 「ラブ・ダイアローグ・ナウ/ネイティブ」稽古場観覧レポート!

    次世代芸術家・企画運営部の桒原秀一です。
    せんがわ劇場では、昨年の第8回せんがわ劇場演劇コンクールで「グランプリ」を受賞した、スペースノットブランクの受賞公演が、もうまもなく、5月10日から行われます。

    今回、『ラブ・ダイアローグ・ナウ/ネイティブ』という2作品の上演となり、その稽古場にお邪魔させていただきました。
    この記事では、各作品の公演の見所を伝えていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

    前回、コンクールファイナリストの稽古場レポでお邪魔させていただいた際も感じたことで、スペースノットブランクの稽古場には独特の雰囲気があり、かなり自由に創作がなされています。
    しかし、その中に繊細な世界は確かに渦巻いていて、心地よい集中力を演者と演出が共有している。その雰囲気は、紛れもなく小野彩加氏と中澤陽氏により創り上げられています。(続く)



      続きを読む


  • Posted by せんがわ劇場 at 18:17Comments(0)演劇

    2018年04月19日

    【第9回 せんがわ劇場演劇コンクール 】ファイナリスト決定!!



    厳正なる審査の結果、下記の通り、第9回せんがわ劇場演劇コンクールファイナリストが決定いたしました。

    ■ N2(京都府)
    ■コトリ会議(大阪府)
    ■すこやかクラブ(東京都)
    ■パンチェッタ(東京都)
    ■ブルーエゴナク(福岡県)
    ■ゆうめい(埼玉県)
    ※五十音順

    本選は7/14・15の2日間です。
    チケット(無料)のお申込みなどは、追ってお知らせします。

    今年も熱い2日間が期待できそうです!
    どうぞお楽しみに!
      


  • Posted by せんがわ劇場 at 15:00Comments(0)演劇

    2018年04月02日

    くちびるの会 「逃げぬれて、夜」 稽古場観覧レポート!

    次世代芸術家・企画運営部の櫻井拓見です。
    昨年の第8回演劇コンクールで、オーディエンス賞を受賞した、くちびるの会の受賞公演が4月19日から行われます。

    鋭意稽古中の彼らの稽古場に訪れました。
    この記事では、稽古場の様子とともに、公演の見どころをお伝えしていきたいと思います!




    オーディエンス賞を受賞した前回のコンクール時の作品『プールサイドの砂とうた』では、専門審査員からの具体的な賛辞も含めて「脚本」に批評が集中していたように思います。

    くちびるの会の作品は、山本タカさんによる戯曲が大きな柱となっているのかもしれません。





    第8回演劇コンクールでの講評は左の写真をクリック!




    今回も、山本さんの新作書き下ろし。
    上演台本は既に脱稿されており、出演者のみなさんもシーンによっては台本を離して稽古にのぞんでいました。

    (以下、たたんでいます)


      続きを読む


  • Posted by せんがわ劇場 at 11:13Comments(0)演劇

    2018年02月28日

    【第9回せんがわ劇場演劇コンクール・参加団体募集】

    高野しのぶさんの「しのぶの演劇レビュー」で、参加団体募集を取り上げてくださいました!
    とてもわかりやすい!!

    ここをクリック  


  • Posted by せんがわ劇場 at 15:00Comments(0)演劇

    2018年02月27日

    TA(ティーチンクアーティスト)養成プログラム

     企画運営部の柏木です。
    2018年、はじめてのブログとなります。

     近年、せんがわ劇場では、調布市内の学校、児童館、放課後デイサービス等に演劇の専門家を派遣し、演劇的手法を使ったワークショップを数多く行っています。その数は年々増え、2017年度の実施コマ数(授業1コマ、または一時間)は100コマを超え、参加人数は、のべ2401名に達しました。
     しかし、演劇の専門家でも、演劇教育(ドラマ・エデュケーション)については経験がまちまち。
    日本国内でも、いろいろと摸索中だと思います。


     そこで、1/9(火)〜1/13(土)の5日間、ニューヨークでドラマ・エデュケーションを体系化している劇場:BAM (※1)と連携し、Stephen
    DiMenna(スティーブン・ディメンナ)氏を、せんがわ劇場に招聘。

     期間内の2日間、劇場から派遣される専門家たちのスキルアップを目的とした『TA養成プログラム』 (※2)を開催しました。

    ※1 BAM(バム)
    Brooklyn Academy of Music(ブルックリン音楽アカデミー)
    1861年にニューヨークのブルックリンに設立された非営利の演劇、アート、シネマセンターであり、アメリカ最古のパフォーミング・アート・センター(総合芸術施設)。

    ※2 TA(ティーチングアーティスト)
    演劇を通して、子供達への教育に携わっているアーティストの事。NYではTAを育成するプログラム、TAと学校現場に携わるプログラムの基礎があり、キャリアとしても確立している。


      続きを読む


  • Posted by せんがわ劇場 at 12:53Comments(0)演劇アウトリーチ

    2018年02月17日

    舞台制作PLUS+制作ニュース

    「第9回せんがわ劇場コンクール」参加団体募集について、舞台制作PLUS+制作ニュースさんに取り上げていただきました!

    ここをクリック  


  • Posted by せんがわ劇場 at 17:00Comments(0)演劇その他いろいろ

    2018年02月08日

    「海外戯曲シリーズ「うちの子は 」(調布経済新聞より)


    海外戯曲シリーズ「うちの子は 」】2/9(金)~13(火)
    調布経済新聞 さんに取り上げていただきました!ぜひご覧ください。

    ここをクリック  


  • Posted by せんがわ劇場 at 11:00Comments(0)演劇その他いろいろ